「まんが一本道〆」【攻略ブログ(1)】

「まんが一本道〆」【攻略ブログ(1)】

カイロソフトから販売中のアプリ「まんが一本道〆」をゆる~くプレイしつつ攻略情報をお伝えするブログです。

まずは漫画を書きましょう!


まずは漫画を書きましょう、書かないと何も始まりません。
組み合わせの良さそうな舞台で漫画を書くのが理想ですが、最初は気にしなくても大丈夫です。
とにかく新しいテーマ・舞台で漫画を書いて経験値をゲットし、その経験値で主人公の能力を上げていくことを重点に考えてください。

主人公の能力を上げる優先度は「作業量>>>>>>>その他の能力」です。
最初はとにかく作業量を上げてください。
作業量が低いと漫画を書いても締め切りを守れないという最悪な状況が続いてしまいます。
作業量を上げると難しいテーマにも挑戦できるようになるので、まずは作業量を上げてください!




 

「持ち込み」は慎重に!

自信のある作品が出来たら「持ち込み」をします。

このゲームには「新人賞トロフィー」というものがあるのですが、そのトロフィーは「最初の持ち込み・賞への応募」でなければ受賞できません。
ですので自身のある作品を持ち込む必要があります。
これを取り逃すと二度とと受賞できないので慎重に新人賞を狙いましょう。

 

早めに増築をしましょう!


晴れて漫画を週刊連載できるようになると、仕事部屋の増築ができるようになります。
早めに増築をして、アイテムを設置して主人公の能力を底上げしておきましょう。




このゲームは「ボリュームが大きいほど稼ぎの多い仕事が入りやすい」という傾向にあるので、ボリュームのある漫画を書ける作業量が物を言います。
主人公のレベルアップだけではなく、アイテムでも作業量をアップしておきましょう!
作業量が上がりやすいアイテムを購入して、それを部屋に設置していってください。

作業量が上がるとボリュームのある漫画にも挑戦できるようになるので(週刊連載でも対応できるように)そうすうると収入が徐々に増えていきます。

このときに「すぐにランクが上の出版社で週刊連載を狙う」のは愚策です。
貯金がないのにランクが上の出版社を狙っても、その週刊誌では順位が低く、収入が増えないという負の連鎖に陥ってしまいます。
ですので「地位を築いた出版社でしっかりと稼いでから、ランクが上の出版社に行く」というのを忘れないでください。
このゲームでは石橋を叩いて渡る理論が重要になってきます。

 

まんが一本道〆カテゴリの最新記事