【水耕栽培初心者(5)】「百均で買えるスポンジとカップと爪楊枝で育てる!」

【水耕栽培初心者(5)】「百均で買えるスポンジとカップと爪楊枝で育てる!」

 
4月1日から始めた水耕栽培。
バジルとレモンバームを栽培中でございます。

前回の更新では・・・


種をスポンジに植えてから10日ほどでレモンバームにも芽がでてきました!
さて、今回は・・・!?



 

バジルの葉っぱが4枚に!


栽培開始から15日ほどでバジルの葉っぱが4枚になりました!
そして、同時に水がすぐに汚くなるようになりました。
スポンジの表面にある保湿用のトイレットペーパーもだいぶ黄ばんできました。

そこで、清潔感を保つために思い切って表面のトイレットペーパーを取ってみることにしました!
するとビックリ!なんと、根がスポンジを突き抜けて下まで生えているのを発見!
慌てて大きなタッパーから、スポンジを個別にカップに移す作業に取り掛かることにしました!

 

スポンジを洗浄しながらカップに移し替え


表面の黄ばんだトイレットペーパーを流水で優しく洗い流しつつ、百均で売っている小さなプラスチックカップに移し替えてみました。
タッパーに入れていたときは上からしか見ていなかったのでまったく気づかなかったんですけど、めちゃくちゃ根が伸びています!
「スポンジに切れ込みを入れていない!」と不安でしたが、そんなこと関係なく根がスポンジを突き抜けています(笑)
ちょっと怖いくらいの成長力です!



 

爪楊枝でスポンジを固定!


画像のようにスポンジの四隅に爪楊枝を刺して、それを足にしてスポンジを少し浮かせるようにしてみました。
普通はカップを2つ使って根が成長できるスペースを確保するらしいのですが、めんどくさいので爪楊枝を刺すだけで代用してみました。
爪楊枝を刺すとなんか見栄えが良くなって、しかも予想以上に安定性もあってオススメです!

こうなるのであれば、最初から「カップ」「スポンジ」「爪楊枝」の百均で買える3点セットで水耕栽培を始めれば楽だったのかな?と思います。
次チャレンジするときは、最初からカップで育ててみましょうか!?

とか次のことを考えていますが、水耕栽培はここからが難しいらしいのでここからはしっかり育てていきたいと思います!

 

日常カテゴリの最新記事