【水耕栽培初心者(6)】「バジルは急成長!でも、レモンバームが育たない!」

【水耕栽培初心者(6)】「バジルは急成長!でも、レモンバームが育たない!」

4月1日から始めた水耕栽培。
バジルとレモンバームを栽培中でございます。

前回の更新では・・・

およそ3週間で、芽が出てそれなりに育ってきました。
さて、種を植えてから40日が経過した現在は!?



 

バジルが一気に成長!

左がレモンバーム、右がバジルです。
バジルは発芽も早ければ、それ以降の成長もとにかく早いです!
今では茎もだいぶ太くなってきて、10cmくらいの大きさがありますがほぼ自立できています。

この40日でやったことといえば、日当たりの良い場所に置いて、毎日水を変えて、1週間に1回くらい液体肥料を1滴あげただけです。
バジルは水耕栽培初心者向きとのことで育ててみましたが、しっかり成長してくれるものですね!
ですが、植えた種の数は20個ほどで、ここまで成長したのは5つ。
他の10個ほどはここまでは成長していません。
窓際に水耕栽培を置くスペースがあまりないので、日当たりが偏ってしまったのかもしれません。

また、ある程度育ってくるとアオコ(緑色の藻)が生えてくるようになったので、アオコが増えてきたらカップと根についたアオコを軽く洗い流しました。

 

レモンバームの成長度

一方のレモンバームですが、こちらは40日でこれぐらいの成長です。
成長速度はバジルに比べると遅いとのことですが、なかなか上に伸びてきません。
ですが根はけっこう伸びてきていて、太さもでてきています。
じっくり土台を作ってから育つタイプなのでしょう。
レモンバームの方がかわいさがあるので大事に育てていきます!



 

プラスチック製コーヒーカップで水耕栽培!

前回までは、透明のカップに爪楊枝を刺したスポンジを入れているだけでした。
ですがハーブが大きくなってきて茎を支えるものが欲しいと思ったので、百均で「プラスチック製コーヒーカップ」を購入しました。

(右)の白いやつが百均で購入したプラスチック製コーヒーカップです。
会社の会議なんかで、これに持ち手がついたコップを装着して飲むやつですね。

そのコーヒーカップの底をハサミで切り取って、そこにハーブを通すとうまく固定されます。
グラグラするのが気になる時はスポンジなんかをつかって固定するとOKです!
この方式にしてから、水に太陽光が当たりにくくなったのかアオコの発生を防ぐこともできるようになりました!

 

日常カテゴリの最新記事