『Urgod 3D VR ゴーグルヘッドセット』でVRを体験!目の疲れ、没入感についてのレポ!【Xperia】

『Urgod 3D VR ゴーグルヘッドセット』でVRを体験!目の疲れ、没入感についてのレポ!【Xperia】

 Amazonで「Urgod 3D VRゴーグル」を購入しました!PSVRは欲しいけどPS4無いし・・・あと、正直言ってVRってすぐに飽きちゃいそうだし、目の疲れとかも心配だし・・・。あらゆる不安があったので、スマホを使えばすぐにVRが体験できる激安のVRがゴーグルを購入してみることにしました!Amazonだと2000円かからずに買えちゃうんですね!というわけで、今回はスマホで見られるVRゴーグルのレビューです!

 

使用方法について


 「Urgod 3D VRゴーグル」はAmazonでも人気の商品です。このVRゴーグルは様々な大きさのスマホに対応しているのがメリットです!私が使用しているスマホは「XperiaZ5Compact(SO-02H)」です。Compactゆえに画面サイズが小さいので、Compactに合わないVRゴーグルもたくさんありました。ですが、この「Urgod 3D VRゴーグル」はCompactなサイズにも余裕で対応していたので購入!

 
 スマホはVRゴーグルのパカっと開く部分に取り付けます。固定する部分がスライドするのでスマホの大きさは自由自在です。スマホの操作はカバーを開けてやらなければいけないので「Urgod 3D VRゴーグル」のように、磁石で開閉するタイプのVRゴーグルだと開け閉めが楽です。写真のように頭からVRゴーグルを取り外して操作するのはもちろんですが、頭に装着したままカバーを開けてもある程度は操作できます。実際にやってみればわかると思いますが、このVRゴーグルはそういう部分でいろいろとしっかり考えられています。

 VR映像をスマホで再生して、VRゴーグルで見るだけでVRを体験できます!



 

没入感について

 XperiaZ5Compactは解像度はそこまで高くはありません。ですが、YouTubeの「VR花火映像」など、ベタなVR映像をいていても「おぉぉ!!」という感想をしてしまいました(笑)VRゴーグルに慣れてきて「どこに視点を合わせれば良いのか?」がわかってくると没入感が一気に出てきます!「Urgod 3D VRゴーグル」はスマホの発熱を逃がすため、イヤホンの線を通すためにサイドに隙間が空いていますが、夜にVRを使うと気になりません。昼間にやると多少は気になりますので手で隙間を覆って光を遮断する必要があります。

 さて、せっかくのVRですのでDMM関連の動画も見てみました・・・。解像度が低いスマホ、ゴーグルからの隙間光がある状況。しかし、没入感はバッチリ!「VRでDMMはすげぇ!!」と思いました(笑)DMMのVRで動画はかなり接近してきますが、このゴーグルですと被写体が近すぎると二重に見えて変な感じがします。そういうときは「片目を瞑る」ことで違和感は解消できます!被写体が近づいてきたら片目を瞑りましょう!

 とにかく、スマホを使うVRゴーグルは最初は没入感があまり得られません。自分で環境を整えて、視点を調整することで没入感を得られます!私も、VRを体験してから数時間が経ってから「あっ、ここの視点で合わせるとすごく良い!」と気づきました。近くを見るよりも、遠くを見るようにすると私の場合は没入感が得られました!

 

目の疲れについて

 正直、目がめちゃくちゃ疲れます!「遠くを見れば視点が合うなぁ~」なんていう、普段の生活からのイレギュラーな目の視点をやっていると明らかに視点がおかしくなります。VRゴーグルを外したときに視点が合いません。「VR酔い」という言葉がありましたが、私としては「VRを外したとき酔い」です。VRに目が慣れちゃうとそっちが通常になってしまって目が日常生活の方を違和感だと思ってしまいます。ですので、リアルに「ゲームは1日1時間!」だと思います!VRやりすぎると目がおかしくなります。

 
 このVRゴーグルはレンズの位置を調整できます。自分に合う位置に調整しましょう!いろいろ調整していくと、ピッタリと合う瞬間がきます!

 

まとめ


 このゴーグルはスマホとの距離を調整できるのでメガネ無しでも、近視の人が楽しめます!私も視力0.1以下ですが、メガネ無しでVRを楽しめています。とにかく、VRを楽しむには「調整」が重要です。ゴーグルに備わっている調整レンズや、自分自身の視点の調整をしていくと、この激安VRゴーグルでもめちゃくちゃ楽しめます!PSVRを購入する前に「VRってどんなもん?」を確認するには最適な商品だと思います!

管理人の個人的ブログカテゴリの最新記事