朝の「レモン水」で体内時計をリセットして太りにくい体を作ろう!

朝の「レモン水」で体内時計をリセットして太りにくい体を作ろう!

夜型生活は健康面とダイエット面で悪影響!

 寝るのが深夜0時以降になってしまう夜型の人は、体内時計がズレた状態になりやすい。体内時計がズレたままだと、食べて摂取したエネルギーが昼間に使われずそのまま脂肪になってしまいます。さらに、夜型生活が続くと自立神経の働きが悪くなって、朝から眠気が抜けなくなったり、体に冷えを感じたり、だるさが一日中続くこともある。夜型の生活は健康面、ダイエット面の両方で悪影響です!

体内時計をリセットしてくれる「レモン水」

 そんな体内時計をリセットするのに一役買ってくれるのが「レモン」です!レモンの香りの成分であるリモネンには、ずれてしまった体内時計をリセットする効果があります。さらに、レモン自体には人間の体を活動モードに切り替える交感神経のスイッチを入れる働きもあります!レモンで体内時計が戻り、さらに活動モードに入ると、エネルギー代謝が高まるので体の冷えやだるさも解消されます!エネルギー代謝が高いということは、脂肪の燃焼も起きるのでダイエットにもなります!

 ですが、なかなかレモンをがぶっとまるかじりするのは難しいですよね。そこでオススメするのが「レモン水」です!朝食のおともにレモン水をゴクリと一杯飲むだけで効果があります!朝に時間がなくて朝食抜きになってしまう人は、朝食の代わりにこのレモン水を飲むだけでもOKです!



「レモン水」の作り方


 レモン水の作り方を紹介します!その作り方は・・・「常温の水(コップ1杯)」「レモン果汁を大さじ2杯」入れるだけ!たったこれだけです!もしもレモン果汁がない場合は、スライスしたレモンを2~3切れ入れてかきまぜればOKです!気軽に作れるので作り置きをしておいて、朝にパッと飲むことも出来ます!

 「朝ごはん抜き派」の人はもうちょっとアレンジをして、「ハチミツ」などを入れて糖質を摂取することで血糖値を上げて強制的に体のスイッチを入れる方法もあります!
  

まとめ

 朝に飲むレモン水1杯で、その一日は太りにくい体になります!さらに体も活発に動くので気分も良くなります!簡単にできるので長続きもしやすいのでオススメです!
 

健康ダイエットカテゴリの最新記事