【痩せ活1-4】炭水化物ダイエット&三日坊主にならないジョギング方法で10キロ減量!【ダイエット】

【痩せ活1-4】炭水化物ダイエット&三日坊主にならないジョギング方法で10キロ減量!【ダイエット】

 この「痩せ活ダイエットブログ」は、体重95キロまで到達したアラサー男が75キロまで痩せることを目指して、20キロの減量に挑んだ奮闘記です!やってみて効果が大きかったダイエット方法や健康的な痩せ方について紹介していきます。

 前回は「これから確実に痩せていくためにリバウンドしない方法!」を紹介していきました。今回はリバウンドしなくなったので、一気に痩せてしまった様子を書いていきます!やっぱり「食べずに動けば痩せる」ということですよ。



やっぱり最強!炭水化物ダイエット!

 前回の更新で無事、リバウンドを防いだ私!リバウンドを防いだだけでは喜んではいけません、それでもまだ90キロあるデブなわけですから!リバウンドを防いだら、そこからちゃんと痩せていかなければ意味がありません。というわけで、今回はリバウンドに負けず一気にダイエットをしてみました。

 リバウンドを経験した私が結局のところ行き着いたのは「炭水化物ダイエット」でした。炭水化物ダイエットとは、白米などの炭水化物を多く含むものをなるべく摂取しないダイエット方法です。私も最初、炭水化物ダイエットで運動もせずに痩せることができたので、今回は本格的に炭水化物ダイエットをしてみることにしました。徹底的に炭水化物を抜きます!白米?麺類?そんなものを口にしたら負けです、リバウンド一直線です!

 この写真のような食事を取り続けました。普通の食事から白米を抜いただけですけどね・・・笑。完全に白米を食べない(じゃがいもとかは食べる)生活を2週間ほど続けてみました。すると、やっぱり痩せるんですよね!3キロくらい簡単に痩せますし、見た目も「痩せた?」と言われるほど一気に変わります!

 食べ過ぎによって太った人は炭水化物ダイエットでサクっと痩せられると思います。このような炭水化物ダイエットの食生活をしたところ、5キロ痩せて85キロまで減量することに成功しました!しかし、ここにきてダイエットの壁みたいなものにぶち当たりました。そうです「停滞期」ってやつです!

ダイエットの停滞期を乗り越える思考!

 お米を食べないだけで簡単に体重が減っていった頃は夢物語だったかのように、85キロになったところから体重が一切減らないようになりました。こうなってくると炭水化物を抜くだけではなく、食事の量そのものを減らしていかなければいけない状態です。しかし、それだと「もっと食べたい・・・」という欲求が生まれてリバウンドするのは目に見えていました。

 しかしここでいきなり「変化」を求めてしまうとダメです。まずは今現在の体重を確実にキープすることを考えましょう!登山で例えると「山頂まで行きたいけと途中で疲れちゃった・・・」の状態、それがダイエットの停滞期!登山だったらどうしますか?そうです、その場でゆっくり休憩して体力を回復させるでしょう。そして、休んだら再び山頂へ向かって歩いていくでしょう。ダイエットも同じ、「うわっ、体重が減らない!」と思ったらその場でゆっくり休めばいいんです。体重が減らないことをストレスに感じてはいけません、それがダイエットを諦めるキッカケになってリバウンドの原因になります。まずは現状維持することを第一に考えましょう!

 停滞期の体重をしっかりキープすると、その停滞期の時点での体重があなたの上限体重になります!今回の私の場合、85キロで停滞期になったので85キロが上限体重。もう85キロ以上太らない体にしちゃえば、過去の100キロ近い体重に戻ってしまうことはありません!まずは85キロでしっかり地盤を固めましょう!

ダイエットで性格が前向きに変わった!

 85キロで停滞期を迎えましたが、それでも諦めず、めげずに炭水化物ダイエットを続けました。するとどうでしょう?あれほどマイナス思考だった私が、心なしか前向きな性格になってきたんです!先程書いた「停滞期をしっかりキープしよう!」という考えも、今までにはなかった前向きさの現れです。



 前向きに物事を考えられるようになると停滞期中のダイエットにもストレスを感じないようになりました。ってか、ここまでくると「ダイエット中」という意識はなく「それが普通の日常」というように思えてきました。炭水化物ダイエットをしているのではなく、普段から炭水化物の少ない食事をしているだけ。その生活を普通に送っているだけ、そう思えるんです!ストレスは無く、普通に過ごしているだけなのに徐々に痩せていく!こうなったらコッチのものです、このダイエットが成功する未来しか見えないようになってきました。

デブの運動は「10・5ジョギング」で解決した!

 85キロで停滞期を迎えた私でしたが、そこで諦めずに炭水化物ダイエットを続けていたらさらに3キロほど痩せることに成功体重は82~3キロをキープできるようになりました!

 さて、体重が95キロだったときには「歩くのもツライ」状態でしたが、そこから10キロ以上痩せてくると歩くのは苦ではないようになってきました。そこで私は思いました「あれ?これ、運動できるんじゃね?ジョギングできるんじゃね?」と!そこで家の周りを少しだけ走ってみました。するとどうでしょう?あの1分くらい走るだけでヒザや足首が痛くなっていたデブの私が、82キロになった今では走ってもぜんぜん痛くありません!おぉ、これはジョギングで痩せられるぞ!!

 ここで私はダイエット雑誌に掲載されていたジョギング方法をちょっとだけアレンジして「10・5ジョギング」というのもをやってみることにしました。


 別記事でも詳しく書いてみました「10・5ジョギング」です。このジョギングは10分走って5分歩くというのを繰り返すジョギング方法で、5分間は休めるのでジョギングが苦手でも1時間は運動が続けられるというものです。しかも程よく心拍数を保てるので、急激に心拍数を上げたときに体が「ヤバイ!このままだと体がピンチになる!栄養を大事に使わないと!」と判断し脂肪の燃焼をストップさせ、苦しいのにダイエットにならないという状況も防げるジョギング方法です!

 このジョギング方法を1週間のうち2~3日やってみました。するとダイエットはさらにスピードアップ2ヶ月ほどでさらに5キロ痩せてしましました!炭水化物ダイエットでけっこう限界まで痩せたつもりでしたが、そこに運動を加えたことでさらに痩せてしまったわけです!やっぱり運動でのダイエットって必要ですね!

 しかも、その運動というのも週に2~3日だけ。しかも雨が続いた日や、仕事の疲れがあるときは走らなかったので1週間で1日しか走らないときもありました。それでも痩せていきました!自分がどれだけ運動していなかったのかを痛感しました。

炭水化物ダイエットと10・5ジョギングのコンボで目標達成!

 結果を言うと、ジョギングを始める前の体重が82キロジョギングを開始して2ヶ月で77キロ、さらに3ヶ月後には71キロまで体重が減っていました

 そうです・・・目標だった75キロをあっさり通り越して71キロまで減量に成功していたんです!ダイエット大成功じゃー!!!!体重が70キロ台に入ってきたら走るスピードも自然と上がってきて、運動強度は自然と上がっていて体重の減少速度がどんどんアップしていったのを肌で体感しました。ジョギングし始めのちょっとしたツラさを乗り越えてしまえば、そこからは走るのにも慣れてきてあとは雪だるま式に痩せられますね!

 2017年の11月?12月くらい、冬の時期に始めたダイエットでした。それが2018年7月の段階で71キロまで痩せちゃいました!ヒドイ食生活を炭水化物ダイエットで改善、ヒドイ運動不足をジョギングで解消!このコンボで1年も経たずに20キロ以上も痩せちゃいました!まぁ、それだけヒドイ状況だったわけですね、私のデブ化時代は・・・。