【実体験】すぐに実践できる痩せる食べ方!リバウンドも防げて食費も減らせるダイエット!

【実体験】すぐに実践できる痩せる食べ方!リバウンドも防げて食費も減らせるダイエット!

 今回は「ダイエットしたいけど、どうしても食べてしまう・・・」という方にオススメの食事方法・食べ方を紹介していきます!体重100キロから標準体重まで1年でダイエットに成功した私がなんとな~く編み出した割には効果的な食事法となっております。

「なぜ太るのか?」をしっかり認識する


 どうすれば人間は、生き物は太っていくのか?それをまずは考えてみましょう。答えは簡単です、動かずに食べ続けていけば太ります!食べることで摂取したカロリーを、動くことで燃焼させることができればカロリーは脂肪にならず、太ることもありません。しかし食べすぎてカロリーを摂取しすぎると、動いてカロリーを燃焼させても燃焼が追いつかずに脂肪となって太っていきます。

 簡単に考えればそういうことです。運動する時間がない、運動するのが億劫であるというのであれば食べ過ぎなければ良いんです!食べ過ぎなければ太ることはありません!なんにも食べていないのに太るということはありえません。そんなことが起きれば大発明です、地球の生物としての歴史が変わります。食べ過ぎを防げば人間、というか生き物は痩せていきます!

時間制限をして食べすぎないように工夫をする!

 さて本題です。すぐに実践できる痩せる食べ方を紹介していきます!

 どういう食べ方なのか?私が実際に行って食事の量を減らすことに出来た方法とは「10分で食事時間を終了させる」です!どんな食事でも絶対に10分で終わらせます!決して無理して早食いをして10分で終わらせるわけではありません、普通に食べて10分で食事を終わらせるんです!10分間で食べられる食事量はたかが知れています、そこまでガッツリとは食べられないはずです。



デブの暴走した食欲を時間制限で抑制する!


 太っていたときの私の食事といえば、テレビを見ながらダラダラと1時間くらいをかけてゆっくり食事をするというものでした。雑誌やテレビで紹介されているダイエットのための食事方法では「よく噛んでゆっくり食べる」と言われています。これはゆっくり食べていれば脳の満腹中枢が刺激されて、お腹いっぱいになるからそれ以上は食べたくなくなるというものです。しかし!デブの食欲をナメるな!という話です。デブはゆっくり食べてお腹いっぱいだと感じても、食卓の上に食事が残っていれば食うんだから!暴走した食欲が満腹中枢を突破していくんだから!デブはご飯を残すということをしないんだから!

 というわけで、デブの私にとって「よく噛んでゆっくり食べる」というのは、ただダラダラと長い時間をかけて食事をするだけでした。なんなら、時間をかけることで食事中に小腹が空いてきてシュークリームとか食べちゃってたし!ゆっくり食べることで逆に太っていたんじゃないか?とすら思っています。

 そこで私が考えたのが、ゆっくり食べなきゃいい!ということでした。食事は10分で終わらせる!と決めて食事をしてみました。するとどうでしょう?なんと、10分間の食事だと食卓の上にまだコロッケやご飯が残っているんです!残った食事にはラップをかけて冷蔵庫へ入れて保存!次の食事のときに食べる!

 どうやっても1回の食事では10分間しか食べられないルールなので、絶対に食べ過ぎるということはありませんでした。残ったおかずをラップで保存しながら「デブのときの自分はこんなに食べていたのか、そりゃ太るわ!」と自分自身にツッコミです。こうやっていくと、自分の食生活の異常さ、食べすぎていたことを自覚していきます。すると脳も自然と「そこまで食べる必要はない」と思うようになってくるんですよね!自然と食欲は少なくなってきました、深夜に急にコンビニへ行ってサンドイッチを買うということもなくなっていきました。

10分間ルールでデブの思考から脱却!




 デブ時代に食べていた食事量だと、10分間では食べ切れずに半分くらいは残すようになるでしょう。そこで「残ったなぁ・・・もったいない」というデブ特有の食欲から来るもったいないオバケをポジティブな思考に変えましょう今度からは10分間で食べ切れる量の食事を作り、買ってくれば良いのです!食べ残しをなくせば「もったいない」という気持ちも無くなっていきます。

 10分間で食べ切れる量の食事を作るとなると、おかずはいつもより少なく、ご飯も少なめ、パスタだったら茹でる量を減らす、そのような工夫をしなければいけなくなってきます。そうなってくると勝ちです、もうデブの思考からは脱却しつつあります!10分で食べられる量しか食事を用意しなくなるので、もう食べ過ぎる心配はありません!だって食べるものがもう無いんですから!

 最初のうちは多く作りすぎて10分間では食べきれないことが多いでしょう、ですがそこでちゃんと残して冷蔵庫で保存、次の食事のときに食べる習慣が身についてくると食べ過ぎる心配が減っていきます

 根本的に食事量が減るので、食材などを買う量も減っていきます。食費がかからなくなってきます!デブは食いすぎるので食費がバカになりませんが、その食費を削ることができます!痩せることで経済的にもお得です。

デブの食生活が改善されると健康面でもメリット


 私が20キロ以上痩せて、そこからリバウンドせずにいられるのはこの「時間制限食事」のおかげだと思っています!10分間で食べられる食事量なんてたかが知れているので、絶対に食べ過ぎということはありえません!10分間で食事をしているのに太ってしまうという場合、もはやそれはフードファイターの早食いレベルだと思います・・・。

 さて食事量が減っていくとどうなるのでしょうか?もちろん痩せます、デブを自覚している人であれば短期間で劇的に痩せるのを実感できるはずです!さらに、肌荒れとか健康面での改善も体感できるのではないでしょうか?私の場合、常に下痢だった便通が改善!さらにはニキビだらけだった肌荒れも改善しました!デブ時代は油物をバクバクと食べていたので、そういうのを食べ過ぎなかったことで改善したということでしょう。

 やっぱり食事って大事!食べ過ぎは体に良くない!

 この「10分間で食事を食べ終える」という方法は、1日3食の食事を食べているので栄養もちゃんと取れます!無理したダイエットではないのに、いつの間にか徐々に劇的に痩せていきます!