実際に効果があった花粉症対策まとめ!花粉症歴15年の経験からオススメのグッズなどを紹介!

実際に効果があった花粉症対策まとめ!花粉症歴15年の経験からオススメのグッズなどを紹介!

 高校時代から花粉に悩まされている私も、ついにアラサーを迎えることになってしまいました。この花粉症に悩まされた15年間、いろいろと対策を講じてきました。花粉症対策グッズの進化や、私自身の知識もいろいろとついてきたことが理由なのか、年々花粉症のツラさは和らいできたと思います。そこで今回は15年間の花粉症生活で効果があった花粉症対策を紹介していきます!



1ヶ月前からの予防には最適「キャベツ」

 花粉症予防策「キャベツを食べる」です。これは、花粉症が始まる1ヶ月ほど前から、1日1玉ペースでキャベツを食べていくという予防策

 キャベツにはイソチオシアネートという成分が多く含まれていますが、このイソチオシアネートがアレルギー反応を抑制する働きをしてくれます!花粉を吸引しちゃってもイソチオシアネートの効果でアレルギー反応が出にくくなるので、鼻水とかくしゃみをしなくなるわけです!ただ、キャベツに含まれるイソチオシアネートにも限界があります、花粉症の薬を飲むよりかはもちろん効果が薄いです。そのため1ヶ月前から食べることによる、あくまでも予防、症状を少し和らげるくらいのものだと認識しておいた方が良いです。

 私は数年に1回ペースでキャベツを食べての花粉症予防を行っています。キャベツを食べるときは生のままを千切りにして、それにドレッシングをかけて食べています!なぜ生のままなのか?それは、生のキャベツは冷たくて喉の奥、鼻あたりの温度を下げてくれるから!です。花粉症になった人ならばわかると思いますが、花粉症で鼻水ダラダラ状態のときは鼻周辺を冷やすとアレルギー反応が鈍くなるので、気持ちちょっとだけ症状が和らぎます!イソチオシアネートは熱に強いらしいので、千切りに飽きたらキャベツ炒めで食べたりもしていました。

 キャベツ1ヶ月生活の効果はというと「確実にあった!」と言えます。うっかりキャベツを食べ忘れた年もあったのですが、キャベツを食べなかった年は花粉症が発症する時期が早かったです!2月の上旬には鼻水が少し出てきていました。しかし、キャベツを食べていた年は2月下旬頃になって鼻水が出始めました。キャベツには確実に花粉症への効果があると断言しておきましょう!

 あと、キャベツを1日1玉食べることは普通に健康にも良いらしく、便通が良くなったり、ちょっと痩せたりする効果もありました!

・花粉症シーズンの1ヶ月前から、1日1玉ペースで食べる!
・なるべくなら生のまま千切りにしたものを食べるのがオススメ!
・花粉症の発症時期を遅らせてくれるくらいの効果はあった!
・健康が良くなる一石二鳥の効果も!

やっぱり基本は大事「マスク」

 花粉症といえばマスクですね!花粉症のアレルギーがある人も、花粉が飛んでいない時期は花粉症になりません。花粉を体内に取り込まなければ花粉症が発症することはないということです!花粉が飛んでいる時期でも、その花粉を吸い込まなければ花粉症にはなりません!その花粉吸い込みを防いでくれるのがマスクってわけです!

 近年、マスクってめちゃくちゃ進化してますよね?昔はいわゆる布製のマスクしかなかったと思いますが、今では使い捨てでフィット感もバッチリある良質なマスクが安く販売されています。マスクの進化は凄いと思います!


 そんなマスクの進化を実感する私がオススメするマスクが「BMCフィットマスク」です!耳にかけるヒモ部分が平たいので、1日中ずっとマスクを着用していても耳が痛くなることはありません!いわゆる、ザ・ヒモみたいなマスクも何着か試してみましたが、どれも数時間で耳が痛くなってしまいました。このマスクだとその耳の痛みがなく1日つけられるのでお気に入りです!

 ただ、顔の形によって合うマスクというのがあるので、自分の顔にしっかりフィットするマスクを見つけましょう!マスクが小さすぎると耳が痛くなりますし、逆に大きすぎると隙間が出来て花粉を吸い込んでしまいます。マスクにはレギュラーサイズ、ミニサイズなどありますが、そのサイズもメーカーごとで違います。自分に合ったメーカーのサイズを見つけることは大事です!

・花粉症にはやっぱりマスクです!
・耳が痛くならないマスクを選ぼう!
・隙間が出来ないフィットするサイズのマスクを探そう!

「マスク」の効果を倍増させるスプレーも使おう!

created by Rinker
アレルシャット
¥745 (2019/08/19 16:45:31時点 Amazon調べ-詳細)

 2015年あたりからマスクにスプレーをする商品も販売されるようになってきました。この商品はマスクにスプレーをすると、イオンの効果で花粉を寄せ付けないというもの!これが地味な凄さを発揮してくれます!私は「アレルシャット ウイルス対策スプレー」という商品をオススメします!アルコールフリーなので肌とかにも優しいので!

 どんなにフィットするマスクを選んでも、どうしても隙間は出来てしまいます。しゃべったりしているとジワジワとマスクがズレてくるんですよね。そこで隙間が出来てしまうと、そこから花粉が一気に侵入してきて鼻水がダラダラ・・・。そんな状況を防ぐがこのスプレーなのです!このスプレーをマスクに5プッシュくらい(マスクの中心ではなく、端っこを狙うように)するとマスクが花粉を弾き返すようになります!装備品にエンチャント効果をつけるみたいな!そんな感じです!

 実際にこのスプレーを使うようになってから、外出中でもマスクさえちゃんとつけていれば鼻水がダラダラ流れ出るようなことは無くなりました。このスプレーを使うまでは、マスクでビッチリとガードしていたはずなのに外出中には鼻水ダラダラ出てましたから。ポケットティッシュの消費量が格段に減りました!効果はかなりあると思います!マスクにスプレーする商品!

・マスクにスプレーすることで隙間から花粉が侵入するのを防ぐ!
・スプレーするときはマスクの端っこを狙うようにする!

マスクをつけられない場面でオススメ!イオンで花粉を弾くスプレー


 マスクをつけられない場面もあるでしょう、仕事の都合だったり。私の場合、メガネをかけているのでマスクをつけると呼吸でメガネが曇るという現象に悩まされていました。さらに自転車で移動をしていたので、自転車運転中にメガネが曇っちゃうと事故確実!そんな自転車移動をする花粉症の私を救ってくれたのが、この「イハダアレルスクリーンEX スプレータイプ」でした!

 この「イハダアレルスクリーンEX スプレータイプ」は顔にスプレーするだけで、イオンの効果で花粉を弾き返すというもの!マスクはいりません!マスクをつけないので、自転車移動中でもメガネが曇ることもなく、さらには花粉もある程度は弾き返すので大変助かりました。ただ、やはりイオンの効果だけでは限界を感じました。マスクをつけていないわけですからね、長時間外にいると鼻水がダラダラ出てきました・・・。花粉シーズン真っ只中にスプレーをかけても、鼻から入ってくる空気が花粉の匂いっていうんですかね?花粉を完全に弾き返せていないと感じました。

 このスプレーを使うタイミングとしては「1~2時間だけマスクがつけられない場所」や「自転車や車の運転でマスクをつけるとメガネが曇るのを防ぎたい場合」など、適材適所で使っていく必要があると思います!

 さらに注意点があります!私は自転車移動中にはこのスプレーを顔にかけて、目的地に到着したら自転車を降りてマスクをつけていました。すると喉が痛くなるんですよ、なんかヒリヒリするような・・・。たぶんですが、顔にかけたスプレーの成分をマスクが覆っちゃうことで、その成分が全て喉に直撃して喉がヤラれていたんだと思います。そのようなことがあるので使用タイミングには注意が必要かと思います!

・マスクをつけるとメガネが曇るのがイヤな時に便利!
・ただし、マスクをつけるよりは効果は薄い!
・スプレーの成分を吸い込んでしまわないように注意しよう!

一石二鳥の効果があったオロナイン軟膏!


 高校生ぐらいのとき、鼻水がダラダラだったのでめちゃくちゃ鼻をかんでいたところ、見事に鼻の皮膚がボロボロになりました。さらに鼻の中にも傷ができてしまい鼻血も出てしまっていました。そんなときに使ったのが「オロナイン軟膏」でした!オロナイン軟膏は肌荒れや切り傷に最適な塗り薬、塗ると塗らないでは傷の治りの早さに雲泥の差があります。

created by Rinker
オロナイン
¥537 (2019/08/19 16:45:41時点 Amazon調べ-詳細)

 そんなわけで花粉症の時期にオロナイン軟膏を鼻の表面、そして鼻の中にも塗った高校生時代の私。するとどうでしょうか?次の日から花粉症の症状が和らいだんです!もちろん皮膚のボロボロも、鼻内部の傷も2~3日後にはほぼ完治していました!

 高校生時代の私は「オロナイン軟膏の成分が花粉症のアレルギーを抑制するのか?」とも考えていましたが、ここ数年で鼻周辺に塗るジェルタイプの花粉対策グッズも販売されているのを見て気づきました!オロナイン軟膏のネバネバに花粉がくっつくことで、鼻から花粉を吸引するのを防いでいたんだと!

 というわけで、ここ数年は鼻の中に軟膏を薄く塗ってから外出するようになりました。鼻の中の皮膚がお肌スベスベ状態になるので、気持ち的に呼吸も楽になっているような気もします!鼻をかみすぎて鼻血が出てしまうという割合もだいぶ減ったというメリットもありました!鼻にオロナイン軟膏、けっこうオススメかもしれません!

・オロナイン軟膏のネバネバが花粉を吸着するので花粉が鼻に入らない!
・軟膏の効果で鼻の肌荒れも治る!
・鼻をかみすぎることによる鼻血も減るぞ!

 


花粉を室内に入れない工夫は地味だけど重要!

 これまで説明してきた花粉対策というのは基本的に外出中の対策でした。しかし、家に帰ってきたらまた別の対策が必要です!部屋の中でリラックスしたいときにマスクをつけ続けるというのもストレスですからね。

 まずは帰宅したら・・・いや、帰宅して玄関ドアの前で服や頭についた花粉を叩き落とします!カバンもバサバサと振って花粉を落とします!バシバシと花粉を叩き落としたら、玄関ドアをゆっくり開けて花粉が室内に吸い込まれないように注意!室内に入ったらすぐに脱衣場へ向かって、服を全部洗濯機の中に放り込みます!そのままの勢いでシャワーも浴びましょう!このときに口の中を洗い流す意味で歯磨きをしながらシャワーを浴びるとちょうど良いです、個人的には。

 シャワーが終わったら風呂場の換気扇をONにしておきます、これで脱衣場に舞っている花粉をある程度は吸い込んでもらいます。最後に体を拭いたバスタオルを洗濯機の中に放り込んで、洗濯機のスイッチをON!こうすれば室内に花粉を持ち込んでしまうのをかなり防ぐことが出来ます!家に帰るまでが遠足ならば、シャワーを浴び終えるまでが花粉症対策です!

柔軟剤をしっかり使って静電気防止!

 外出先で着る服を洗うときは柔軟剤をしっかり使いましょう!柔軟剤を使うと服がこすれて起こる静電気の量が減ります。静電気が服に帯電していると花粉を吸い付けてしまって、その状態で家に帰ってしまうと部屋の中に花粉を持ち込んでしまうことになります!

 柔軟剤を使って服に静電気を溜め込まないようにするだけで、花粉を寄せ付けないバリアを服がまとっている状態となります!

加湿器で花粉を床に落とし、そこをクイックルワイパー!

 帰宅してすぐにシャワーを浴びて、服を洗濯機に入れても、それでも花粉は室内に入っています。もちろん玄関から入ってくる花粉もそうですが、窓の微妙な隙間やキッチンの換気扇から入ってくる花粉もあります。この室内に入ってしまっている花粉への対策も必要です!


 まずは加湿器をガンガンにかけます!加湿器は加熱式で超音波式でもどちらでもOKです!花粉対策で使う加湿器は、空気中に水分を飛ばすことで花粉を床に落とすのが目的です、空気中に水分の粒子が舞っていればOKなので超音波式でもOKなのです!私はこの超音波式加湿器を使っています。加熱式よりも一気に水のミストを飛ばすことが出来るので、花粉対策には超音波式がもってこいなのです!

 加湿器本来の意味として、鼻の粘膜を守るという効果もあります!鼻がカラカラに乾いていると花粉が一気に喉まで到達してしまい、アレルギー反応を引き起こしてしまうからです。鼻の粘膜を守ることで、その粘膜が花粉の侵入を防いでくれます!

created by Rinker
クイックル
¥1,127 (2019/08/19 16:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

 で、加湿器のミストで花粉は床に落ちます。ここでクイックルワイパーの出番です!ゆっくりとクイックルワイパーをかけて、床に落ちている花粉を拭き掃除です!このとき、玄関から遠い場所からクイックルワイパーをかけていって、最後は玄関で掃除が終わると丁度よいです。玄関からクイックルワイパーを始めると、玄関にある花粉をリビングや寝室に移動させてしまう可能性があるからです。1回の掃除でクイックルワイパーのシートは交換しておきましょう!もちろん、そのシートはビニール袋に入れて密封、再び花粉が飛び散らないようにしましょう!


 花粉は飛散るやすいのでウエットタイプのシートがオススメです!

鼻水をすすらない

 ティッシュで鼻をかむのが面倒で鼻水をすするという人がいるかもしれません。クセになっているわけではなく、ちょっと鼻水が出てきたから鼻水をすするという場合もあるでしょう。しかし、そのたった1回鼻をすすることで花粉が鼻水と一緒に喉へ到達してしまいます

 鼻水は花粉を体内に取り込まないために、体が自然反応で出しているものです。せっかく花粉を排出するための鼻水なのに、それが喉に到達してしまっては意味がありません!マスクとかでいろいろ対策をしても、その鼻をすすった1回で大量の花粉がまとめて体内にきてしまいます!

 だから鼻水をすするのはやめましょう。鼻水をすすっただけ体内に花粉が入って、それがまたアレルギーを引き起こし、また鼻水が出て、それをまたすすって・・・という最悪のループに陥ってしまいます。

 だから私は絶対に鼻水をすすりません!意地でもティッシュで鼻をかみます!もちろん、ティッシュはお値段が高めの柔らかいやつを使います。じゃないと次の日、鼻の皮膚がめくれてきます。



数時間おきに顔を洗う!

 「洗顔シートめっちゃ使いますよね?」と仕事仲間に言われて気づきました。あぁ、私、無意識のうちに花粉症の時期はめっちゃ顔を拭いていたんだ!ということに。実は洗顔シート以外にも、会社とか施設のトイレにある分厚い紙の手拭きでも、トイレに行くたびに顔を拭いています。トイレの分厚い手拭きを使うときは水で濡らして湿らせた状態で顔を拭きます。

 昼休みに顔を拭くとけっこう汚れって落ちるんですよね。それはもちろん皮脂汚れとか汗とか、顔から出ている汚れもあるとは思いますが、絶対に花粉も洗顔シートで取れていると思います!だって、花粉症の時期だけ拭いた洗顔シートがちょっとだけ黄色くなるし!

 というわけで、こまめに顔を拭くというのも対策の一つとしてあげられるはずです!ただ顔を拭くと肌がガサガサになるので化粧水も忘れずに!

結局、薬に頼ると快適!

 ここまで花粉対策をバッチリと紹介してきましたが、それでも花粉シーズンのピークはツライ日々が続きます。さすがにこれだけ対策をしていると「鼻が詰まって寝苦しい!」ということはありませんが、それでも少しの鼻づまりが気になってきます。人間とは贅沢な生き物ですね。ここまできたら完全に花粉症に勝ちたくなってきます!


 花粉シーズンのピークには花粉症の薬を飲むことにしています。最近の薬は1日1回の服用でOKなので、寝る前に飲むと寝苦しさもなく、次の日の日中も快適に過ごすことが出来ます!なんだかんだで薬ですね!

 生まれながらに鼻炎持ちで花粉症がひどかった私ですが、これらの対策をしたことで近年は「そこまで花粉症ひどくないね」というシーズンを送れています!花粉症対策をバッチリ決めて、快適な日々を過ごしましょう!