【生活編】デブのデメリット!座席が狭い、汗で迷惑、第一印象が悪い!【ダイエット】

【生活編】デブのデメリット!座席が狭い、汗で迷惑、第一印象が悪い!【ダイエット】
 身長170cmのアラサー男の私は、1年で体重95キロから65キロまでの大幅なダイエットに成功しました!痩せた方法については別記事で書いておりますが、意外とあっさり痩せてしまっております。

 痩せたとは言いましても、それまでの30年間の人生でキッパリと痩せていたと言える時期がなかったので、いわゆる標準体重で生活したのは初体験でした。痩せてからいろいろと気づきました、太っていたときの自分の大変さに!今思えば「よくあの体型で30年も生活できていたなぁ・・・」と、しみじみと感慨深いものがあります。

 そこでダイエットに挑戦中の方、もしくはこれからダイエットに挑戦しようとしている方へ向けて「ダイエットのツラさよりも、太っている今のほうがツラいぞ!」ということを訴えていくために『痩せてからわかった、太っていることでの健康&経済&生活デメリット』を紹介していきたいと思います!

 今回の更新では【生活編】として、太っていることでデメリットだと感じた生活面について書いていきたいと思います。痩せた今となってわかったことは「デブでごめんなさい!みなさんに多大なるご迷惑をおかけしておりました!」ということです。今回はそれを書いていきたいと思います。

 私が書いていくことに思い当たる部分があれば「それって痩せれば解決するかもしれないんだ!」と、それをダイエットのキッカケにしていただければと思います!



常に汗だくで、汗を振りまいてしまう

 デブだと冬の寒い日でも基本的には汗をかいています。冬も「寒い!」とは思うのですが、ジャンパーとかの防寒着を着るとすぐに暑くなって汗をかきます。冬でも汗をかくので夏場なんてもう大変です!常に汗を拭くハンカチやタオルを持っていないと滴るように汗をかきます。

 移動中に汗をかいて、汗でビショビショのまま仕事の打ち合わせをするために会議室とかに行きます、そのときにイスに座るのが申し訳ないんです!だって汗でイスがビショビショになっちゃうから!デブ男の臭い汗がイスに染み込んでしまうことへの罪悪感!仕事相手の人も「うわー、絶対に背もたれとか汗でビショビショになってるー」とか思っているに違いありません。

 汗をかいていることで相手に迷惑がかかってしまう、不快に思われてしまうこうしてデブは上着の着替えを持ち歩くようになります。そうなると荷物も多くなって、また汗をかく要因になっていきます。汗で濡れた服ってかなりの重さがあるので、それを持ち歩くって意外と疲れるんですよね!

 痩せた今は汗をほとんどかきません。普通に歩いているだけで汗をかくということはなくなったので、着替えを持ち歩くこともなくなりました。夏場にイスを気にして座るということもなくなりました!「夏の爽やかな空気」を存分に味わっています!

オシャレな服が着られない!

 私が太っていたときはLサイズでも小さいことが多かったため、3Lというデカいサイズの服を着ていました。3Lってサイズは滅多にないですよね?オシャレな服屋にはまずないです!オシャレをしようと思ったら、前がボタンで開けるネルシャツをよく着ていました前が開けられるので多少サイズが小さめでも着られるから!

 最大級のオシャレだったのはジャケットですかね。ジャケットだとTシャツ1枚着て、そこにボタンを閉めずにジャケットを羽織るだけですから。オシャレ感もあるし、中はTシャツ1枚だけなので暑さも軽減されるというデブとしては機能性もある最高のファッションでした。

 しかしTシャツにジャケットというファッションの問題点は脂肪がたまったお腹が目立つこと!ジャケットでビシっと決めてもだらし無いお腹が一目瞭然です。まぁ、みっともないんですよ。洗面所の鏡で前から見るとお腹が目立たないので格好良い雰囲気は出るんですが、横から見るとプックリとしたお腹が・・・。デブのオシャレはパーカーが最強だと思いました!



電車の座席に座れない!

 私は社会人になるまでは田舎の車社会の中で生きてきたので気づかなかったのですが、都会に出てきて電車社会になって初めて気づきました。そうです、デブって横にめっちゃ広いということを!電車の座席に座ると思うんです「なんで電車の座席ってこんなに狭いんだろう?どうやっても隣の人と触れ合ってしまう」と。

 電車がそれなりに混んでいるのに私の横には誰も座ってくれない。こういうことが多々ありました。これはあるあるネタとして言われる「ブサイクの横には誰も座らない」という話ではなく、デブの横は物理的に狭くなっているので「座るスペースが無い」というのが理由だったんですね!「あそこの座席空いてる!でも、横のデブがでかすぎて座ることできないじゃん」ってこと。

 この事実に気づいてから、私は電車の中で座席に座るということをしなくなりました。基本立ちっぱなしの電車ライフです。電車に乗ることがストレスになってしまいました。

劇場やスタジアムの座席が狭い!

 電車の座席について書いてきましたが、しばらくしてから電車の座席って実はデブに優しめの設計になっていることに気づきました。私はお笑いライブや野球観戦によく行くのですが、ライブ会場とか劇場、そして野球場やスタジアムの座席がめちゃくちゃ狭い事実!とくに劇場の座席がめちゃくちゃ狭い!

 ちゃんと背もたれにより掛かるように座ると横の人と肩が触れ合ってしまうので前傾姿勢ぎみになって座るしかありません。デブなのは私ですから、横の人に前傾姿勢をさせるわけにはいきません。デブの私が率先して前傾姿勢で座ります。劇場は舞台上を集中して見たい場所です、そんな場所でデブとずっと肩が触れ合っているなんて迷惑でしかないでしょう。そう思っちゃうと、もうライブには行けなくなりました。



第一印象が悪い!仕事できない人に見える!

 太っていると第一印象が悪いです。ビックリするぐらいの二重あご、滴る汗、ビショビショのTシャツ、運動不足が明確なお腹、どこにも「出来る人感」が無いですね!そりゃ第一印象が悪いのも当然です。だらしない人間に見えるわけですから、まぁ実際にだらしない人間だから太っていたんだですけどね!

 私はフリーライターをやっているため、基本的には自分で仕事を取ってくるような生活をしていました。しかし、第一印象で仕事が出来ないヤツ感が出ていたので良い仕事がもらえることは稀でした。

 そして痩せた今、仕事もらえます!というか初対面の人から話しかけられるということが明らかに増えたんです!デブ時代は自分から話しかけないといけませんでしたが、痩せたら相手から話しかけてくれるようになったんです!デブ時代の私は、もはや話しかけるために近づくことすら嫌がられていたんでしょう。

絶望的にモテない!

 第一印象が悪いということはモテません!まぁ、モテません!だって汗だくで気持ちが悪い人間だから!