【男の実体験】頭皮汚れが原因の薄毛は徹底的なシャンプーで改善できるかもしれない!正しい二度洗いの方法!

【男の実体験】頭皮汚れが原因の薄毛は徹底的なシャンプーで改善できるかもしれない!正しい二度洗いの方法!
 人生30年をずっとデブとして過ごしてきたアラサー男の私。そんな私が30歳を期に一念発起し体重約100キロから65キロまでのダイエットに成功!しかし見た目は痩せたものの、30年ずっとデブだったことによる健康への悪影響はひどいものでした。とくに見た目として気になったのは「薄毛」。このブログでは、30歳にして人生初の薄毛対策に乗り出した男の体験記を書いていきます。

 今回の薄毛対策ブログでは「シャンプーを見直して薄毛をどうにかしたい!」というテーマで書いていきたいと思います。よく「正しいシャンプーをして頭皮環境改善!」だとか「薄毛の人はシャンプーをしすぎるのは逆効果!」とか言われますが、実際のところ薄毛対策の正しいシャンプーとはなんなのか?私の実体験を交えて書いていきたいと思います。



私は脂性の頭皮環境


 まず、私は生まれてからずっと脂性の肌をしていました。生まれてからというのは大げさかもしれませんが、中学生の頃には確実に脂性肌でした。顔はギトギトであぶらとり紙をよく使っていたのを今でも覚えています。あまりにも脂性肌だったので友達からは「アラブの石油王!」と呼ばれたものです。この脂性肌は高校生になっても、社会人になっても、そして30歳になっても解消されることはありませんでした。

 冒頭にも書いたように30歳まではデブだったので「痩せれば脂性肌は解消できるのかな?」と思っていましたが、痩せても脂性肌には変わりなかったです。それでも多少は改善されましたが、脂性肌である自覚はありました。というのも、朝にシャンプーをして髪をスタイリングしても、夕方には頭皮からにじみ出た脂によって髪の毛がぺっちゃんこになってしまうんです。30歳になっても石油王!髪の毛は油で潤うけど、懐は潤わないぜ!

 というわけで私が薄毛対策をする上で頭皮の脂汚れというのは避けては通れない道でした。毛穴が脂汚れでビッシリならば育毛剤も浸透してくれませんから!

脂性の頭皮の人は徹底的なシャンプーをしよう!

 頭皮の脂汚れを解消するには徹底的なシャンプーが必要だと考えました。夕方には髪の毛が脂でぺったんこになるぐらいに汚れているわけですから、普通の人よりもシャンプーを徹底しなきゃいけないわけです!よく言われる「シャンプーの2度洗いは逆効果」とか言ってる場合じゃない!とにかく、徹底的にシャンプーをしなきゃ!

 石油王と呼ばれるほどの脂性の私がたどり着いた徹底的なシャンプーを今回は紹介していきます。頭皮の脂汚れがひどいと自覚している人はぜひとも試してみてください!

「あずきのチカラ」で頭を温めて毛穴を広げる

 「脂=油」です。普通の食用油もそうですが、油というのは温めると柔らかくなって流れやすくなります。食用油をフライパンで温めていくと広がりやすくなるのからもわかりますね。それと同じで頭皮の脂汚れも温めると流れ落ちやすくなります!さらには毛穴を広げると、毛穴に詰まっている脂汚れはより流れ落ちやすくなります!

 私が頭皮の脂汚れを温めるため、毛穴を広げるために行っているのがこの写真の状況です。どうなっているのか?というと、ビニール袋を頭からかぶって上に「あずきのチカラ」を乗せています


 「あずきのチカラ」です。レンジで1分くらいチンすると中に入っているアズキが温まって、その温度が20分くらいキープできる商品。普段は目元を温めたり、肩を温めるのに使用するものです。それを私は頭に使っています!「あずきのチカラ」はじんわりと温めてくれるので頭皮にも優しく、持続時間が長いので頭皮からしっかりと汗をかくのがわかって、確実に毛穴を広げて脂汚れを流しだしてくれます!

 この「あずきのチカラ」を頭に15分くらいおいてからシャワーを浴びるようにしています。この15分間ではテレビを見たり、軽くストレッチ運動をすることもできます。ビニール袋は、溶け出した脂汚れが「あずきのチカラ」に付着してしまわないようにするためのものです。熱を逃さないという効果もありますかね。

予洗いは2分!シャンプーは2回!

 「あずきのチカラ」で頭をしっかり温めて、毛穴の脂汚れが流れ落ちやすい状態になったら、すぐにそのままシャワーを浴びましょう!冬場はシャワーに行くまでの時間で、寒さによって毛穴が閉じてしまうかもしれないので早くシャワーへ行きましょう!

 そして温水のシャワーを頭から浴びます、2分くらい。これがシャンプー前の予洗いです。普通の温水のシャワーを、頭を優しくマッサージしながら2分間浴びます。毛穴の汚れを押し出すようにマッサージするのがポイントです!この予洗いで、毛穴から出た脂汚れが頭皮とか髪の毛に付着している、という状態になっているはずです。

created by Rinker
サクセス
¥532 (2019/05/23 05:31:11時点 Amazon調べ-詳細)

 予洗いが終わったらシャンプーです!ここではガシガシ洗う必要はありません。頭皮と髪の毛に泡立ったシャンプーを塗るぐらいの気持ちでシャンプーをしましょう。このシャンプーで頭皮と髪の毛に付着した脂汚れがだいたい落ちてくれます。シャンプーをシャワーで洗い流したときに頭皮を触ると、ヌメヌメ感はほとんどないと思います。

 それでもシャンプーをもう1回しましょう!2度目のシャンプーです!2度目も1度目と同じようにシャンプーをします。このときシャンプーを洗い流す時間を多めにして、シャンプーをしっかり洗い流すのがポイントです!シャンプーの成分が頭皮から完全に落ちるまで洗い流しましょう。これも1~2分くらい洗い流せばOKです!

created by Rinker
CLEAR(クリア)
¥617 (2019/05/23 05:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

 シャンプーの2度洗いで毛穴はキレイさっぱり状態!しかし、このままだと頭皮が「やばい、脂が少なすぎて乾燥しちゃう!」と過剰に反応して、逆に脂を大量分泌してしまうのでコンディショナーを使いましょう。コンディショナーは頭皮に塗り込むようにします。そして30秒くらい洗い流して完了です!

シャンプー後はヘアオイルで即保湿!そしてドライヤー!

 シャンプー後はすぐに浴室から出てタオルで髪の毛の水分をある程度まで拭きます。ガシガシ拭くと髪の毛が摩擦でダメージを受けてしまうので、優しくトントン叩くようにしましょう。

created by Rinker
大島椿
¥1,058 (2019/05/23 05:31:13時点 Amazon調べ-詳細)

 ある程度の水気をタオルで落とせたら即ヘアオイルで保湿をします!私はこの椿油を一滴だけ手にとって、頭全体をマッサージするように広げていきます。一滴だけでも髪の毛全体、頭皮全体に行き渡ってくれます。しばらく頭をマッサージしていると、髪の毛のパサパサ感がなくなってくるのがわかるはずです。ここで鏡を見てみると「あれ?髪の毛が黒くなった?」と思うはずです。これは髪の毛の保湿がしっかり出来ているため、髪の毛がまとまって黒く見える効果です!

 最後にドライヤーでしっかりと髪と頭皮を乾かします。椿油の効果で髪の毛と頭皮が良い感じでコーティングされているので、ドライヤーで水分が逃げてしまうという心配はありません。余計な水分をドライヤーでしっかり乾かしましょう!ドライヤーで乾かし終わったときに髪の毛にパサパサ感があるときは、椿油をもう一滴増やしてみましょう



結果「正しいシャンプーで薄毛は目立たなくなる!」

 さて、この写真が「ダメなシャンプー」をしていたときの私の髪の毛です。夜になって脂が浮き出て、髪の毛が変にぺったんこになって地肌が丸見えです・・・。朝はいいんですけど、夜にはこうなっちゃうんです。明らかにシャンプーで頭皮汚れが落ちていない証拠です。

 そして「正しいシャンプー」を1ヶ月間したあとの私の髪の毛!夜になっても頭皮からの脂汚れが浮き出てこないので、髪の毛がぺっちゃんこになっていません!さらには髪の毛にコシが生まれているので1本1本が太く見える結果、地肌が見えにくくなっています

 スタイリングもビシっと決まりやすいので頭頂部の薄毛も隠しやすいです!脂汚れがちゃんと落ちていることを実感できました。これを続けていれば根本的な薄毛解決を宣言できる日も近そうです!