Search Consoleのサイトマップが「保留」になっている件。

Search Consoleのサイトマップが「保留」になっている件。

 

いつものように、ブログのアクセス状況などをチェックするためにGoogleのSearch Consoleを見ていると気になる文字が!

 

サイトマップが「保留」になっている

サイトマップの送信が保留になっているんです。
送信が保留になっているということは「インデックス登録」も同じように保留になっていました。
いつも「保留」になるのを見るたびにサイトマップの再送信を行って、正常に戻していました。

 

「保留」の本当の意味とは!?

ある時「保留をそのまま放置していたらどうなるんだろう?」と思い、しばらくしてから再びチェックしてみました。
するとどうでしょう、保留の文字が無くなり通常状態に戻っていたんです。
あっ、本当に保留状態だったんだ!とこのとき、やっと気づきました。

どうもこういう場合の「保留」ってエラーみたいなもんだと思ってしまうクセがついているようで気にしていましたが、実際はそんなに気にしなくて良い模様です。
というのも、Googleのヘルプにしっかりこのことが書いてありました!

 

リクエストは取得履歴テーブルに [保留中] ステータスで追加されます。リクエストが完了すると、リクエストが成功または失敗したことと、基本情報が表示されます。テーブル内で失敗以外の取得行をクリックすると、HTTP レスポンス ヘッダーやデータ、(「取得してレンダリング」リクエストの場合)ブロックされたリソースのリストやレンダリングされたページの表示など、リクエストに関する追加情報が表示されます。

Google Search Consoleヘルプより(https://support.google.com/webmasters/answer/6066468)

 

要するに「記事更新直後は”保留”って表示しているけど、ちゃんと処理してる最中だから!」ということですね。
本当にエラーが出ている場合は「失敗」とか、なんらかの明確な表示がでるようです。

言われてみれば、Search Consoleをチェックするタイミングって記事を更新した直後なんですよね(笑)
そりゃ、毎回「保留」になってますわ!!

 

まとめ

というわけで、Search Consoleの「保留」は気にしなくても良い!という結論に至りました。

 

 

 

WordPressカテゴリの最新記事