ラジオ番組からノベルティグッズが届かないときの解決方法!催促メールの送り方や問い合わせ方!

 

ラジオ番組で自分のメールが読まれると、番組によっては「番組グッズ」が送られてくることがあります。

俗に言う「ノベルティグッズ」です。

 

ノベルティグッズはその番組でメールが読まれることでしか入手できない貴重なグッズです。

普通に番組でメールが読まれるだけでも嬉しいのに、さらにグッズが送られてきちゃう!この感動を忘れられず、何年間も投稿を続けちゃう人も多いでしょう。

 

また、 番組内で募集していたプレゼント企画に当選したという場合にも、番組から何かしら荷物が送られてくるときがあります。

海産物だったり、電化製品だったり、高級なプレゼントが当たるときもあります!

 

しかし待てど暮らせどグッズやプレゼントが届かない、送られてこない!

そんなときがあるかもしれません。

今回はそんなときの対処法などを紹介していきます。

 

確認(1)「メールに住所や氏名を書いていたか?」

根本的に、番組スタッフさんがプレゼントやグッズを送る先(住所)を知らなければ送られてくることはありえません。

「まだグッズ届かないのかな~」と思ったら、自分が送って実際に採用されたメールをチェックして、住所・氏名などの必要事項がしっかり記入されているかをチェックしてください。

 

 

確認してみたら「住所や氏名を書き忘れていた!」という場合もあるでしょう。

そんなときは、採用されたときと同じメールアドレスで番組宛てに「〇〇日の〇〇〇〇コーナーで採用されて、プレゼントがもらえることになったものです。送り先の必要事項を書き忘れていたのでお送りします」と書いて送り直しましょう。

そのときにタイトルはわかりやすく「プレゼント必要事項の書き忘れにつきまして・・・」など書いておきましょう。

 

確認(2)「そのプレゼントの内容は?」

基本的に番組グッズやノベルティグッズなどはすぐに送られてきます。

番組グッズやノベルティグッズなど、その番組独自で作ったもので在庫があるので放送から10日後くらいまでに送られてくることが多いです。

 

私の経験上、最速で放送から3日。

最も遅くて放送から1ヶ月後にグッズが届きました。

 

 

「応募プレゼント」の場合は少し話が変わってきます。

応募プレゼントとは、番組グッズではなく「〇〇〇〇のお食事券」や「プロ野球の試合チケット」などのようなものです。

 

これらのプレゼントというのは、そのプレゼントを提供してくれる企業などによって送られてくるまでの日数が変わってきます。

こればかりは数週間後に送られてくることが多いです。

私の勝手な憶測ですが、プレゼントをくれる企業側でいろいろな事務的な処理をしているのでしょう。

 

確認(3)「番組は録音?生放送?」

番組が録音か?生放送か?でもグッズが送られてくるまでの日数がだいぶ変わってきます。

 

その違いについて書いていきます。

 

生放送で読まれてグッズがもらえる場合

生放送の場合はその放送終了後、もしくは数日以内にスタッフさんが発送手続きをしてくれるので到着が早いです。

グッズの発送が遅い番組でも採用からちょうど10日くらいで届きます。

 

なぜ10日なのか?

これは「採用したメールへのグッズ発送を、次の週の放送前に手続きしているため」に1週間(次の放送までの7日)と3日(郵便が届く日数)ほどかかるためと推測されます。

 

録音放送で読まれてグッズがもらえる場合

では録音番組の場合、グッズはいつ頃届くのでしょうか?

 

まず基本的に、番組グッズというのは「放送でメールが読まれた後に届く」というのがルールです。

また番組が放送されていないのにグッズだけ先に届くということはありえません。

これがグッズが届くシステムの基本です。

 

 

30分の録音番組の場合は1度に4週分の録音をするということもあります。

そのような番組では月に1度の収録になるので次の録音は1ヶ月後、スタッフさんがグッズの発送をするのも1ヶ月後となってきます。

 

もしも「4週録音しているうちの1週目分で読まれた」場合は1ヶ月以上グッズが届くまで待つ可能性もあります。

パーソナリティさんのスケジュールによっては数カ月後に届くこともあります。

録音番組でメールが読まれてグッズがもらえることになった場合、焦らずに1ヶ月くらい待ちましょう!

 

忘れた頃に届くグッズは逆に嬉しさ倍増です。

 

催促メールの書き方

 

カンドリ
明らかに番組グッズが届くのが遅いです!これは確実にグッズの発送を忘れられているとしか思えません・・・!

 

桧川ようと
メールが読まれたのが数ヶ月も前なのにグッズが届かない、そういうときもたまにあります。

 

 

そんなときは催促メールを送ってみるのも一つの手段です。

そこで私が過去に送ったメールの例文を書いておきます。

 

 

タイトル(件名):グッズ発送についての質問!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラジオネーム:〇〇〇〇〇〇〇〇

〇〇月〇〇日の放送「〇〇〇〇のコーナー」で採用されたラジオネーム〇〇〇〇〇〇〇〇です。
このコーナーで採用されると番組グッズがいただけるということですが、放送から〇週間経っても届きません。
不安に思いメールさせていただきました。
改めて住所や氏名などの情報をお送りいたしますので、ご確認のほどよろしくお願いします。

氏名:〇〇〇〇〇〇〇〇
住所:〇〇〇〇〇〇〇〇
電話番号:〇〇〇〇〇〇〇〇

以上です。
お手数ですがよろしくお願いします。

 

こんな感じで書きます。

基本的に、このメールに対しての番組からの返信はありません!

「発表は発送を持って変えさせていただきます」の精神で、ちゃんとメールを受け取ってもらえれば近いうちにグッズが届くでしょう。

 

 

ちなみに、私は投稿歴10年以上の経験がありますが、グッズやプレゼントは99%送られてきています!

 

催促メールを送ったのは2回くらいしかありませんでしたが、その2回とも採用から数ヶ月経ってちゃんとグッズが送られてきました。

「クイズに当たれば現金1万円プレゼント!」という企画でも、3週間後くらいにはちゃんと小切手で1万円が送られてきました。

 

唯一、送られてこなかったグッズは、極楽とんぼさんのラジオで例のお方が不祥事を起こしたために番組自体がウヤムヤになった1回だけです。