ラジオ番組のメールは誰が選んでいるの?スタッフさん?パーソナリティ本人?

 

今回はラジオ番組で読まれるメールが「どのようにして選ばれているのか?」ということについて書いていきたいと思います。

 

メールは番組スタッフさんが選ぶのが基本

まず、ラジオ番組で読まれるメールというのは必ず誰かがチェックを入れています

届いたメールの中から先着順とか、くじ引きのように選ばれているわけではありません!

一度はメールを読んでチェックしておかないと、放送禁止用語まみれのやばいメールを放送で読んでしまう可能性もありますから、絶対にチェックがされています!

 

そのチェックをするのは基本的には番組スタッフさんです。

ディレクターさん、ADさん、放送作家さん(台本などを書く人)が主に担当しています。

 

 

そして、チェックしたメールの中から番組で読んだときに面白い、もしくはトークが盛り上がるメールを選んでいきます。

ですので、ラジオ番組で読まれるメールを書くときは、選ぶスタッフさんの「好み」を考えていくと採用率が上がってきます!

毎週メールが読まれるような常連リスナーさんは、その「好み」を把握できているので、読まれやすいメールを書くことが出来ます。

 

パーソナリティ本人が選ぶ場合とは?

ラジオ番組によっては「パーソナリティ本人がメールを選んでいる」ということもあります。

しかし、この場合も届いたメールを全部パーソナリティさんが読んでいるのではなく、ある程度は番組スタッフさんが数を絞って、その中からパーソナリティさんが選ぶのが一般的です。

 

なぜ最初から全てのメールをパーソナリティさんが読まないかというと、番組に届くメールの中にはパーソナリティさんへの悪口などを書いてくる人がいるからです。

そういうやばいメールをパーソナリティ本人には見せられないので、最低限のチェックは番組スタッフさんが先に行います。

 

ラジオへのメール投稿 完全解説記事一覧
5

ラジオへのメール投稿において年間400採用を達成した、ただのラジオ好き(現・放送作家)がラジオ投稿のノウハウやコツなどを書いた記事をまとめたページです。ラジオへのメール投稿が初心者の人はもちろん、常連リスナーを目指す中級者の人にも役立つ情報が掲載されています。