ラジオでメールを読んでもらう簡単テクニック!

ラジオでメールを読んでもらう簡単テクニック!

 


数年前までラジオ番組への投稿で年間300採用されていた私が調子に乗って、そのときに活用していたラジオでメールを読んでもらう簡単なテクニックを紹介します。

基本的な書き方などはコチラを御覧ください・・・

 

「5行で収まるようにする」

ラジオ番組では「短くて面白い」メールが採用されやすいです。
文章が長くなるほど読まれるためのハードルが上がり、よほど面白くないと採用されなくなってきます。

ラジオ番組で読まれるには「起承転結」が重要になってきます。
起承転結で4行、それにパーソナリティさんへの質問、もしくは一言オチっぽいことを加えて5行です。

(1行目)私は今高校生で、バレーボール部に所属しています。
(2行目)部活の先輩に「マイケルさん」というニックネームの先輩がいるんです。
(3行目)マイケル先輩はレシーブのとき、必ず「ポウ!!」という声を出すのですが、それがマイケルジャクソンの決め言葉に似ているのでマイケル先輩と呼ばれています!
(4行目)ちなみに、顧問の先生は部員がミスをすると「どんだけミスするんだよ!」と怒るのでIKKO先生と呼ばれています!
(5行目)◯◯◯さんの部活では、おかしなニックネームをつけられた先輩や後輩はいましたか!?

ものすごい基本的でベタな内容ですが、これで5行です。
5行は文章にすると意外と長いですが、声に出して読んでみると20秒位になります。
これぐらいがちょうどいいです!
これより文章が多いと長く感じ、短いと内容が伝わりきらないことがあります。
5行くらいであれば内容を伝えきることができて、長さも程よいです!

1行ごとに「起承転結+質問」と決めてしまうと文章を書きやすいというメリットもあります。
「送りたいメールがあるけどうまく文章にできない!」というときはこの「5行の法則」を活用してみてください。



 

「初投稿です!」よりも「いつも楽しく聞いています!」

最近のラジオ番組を聞いているとメールの最初に「初投稿です!」と書いて読まれている人が多いです。
ですが、私の経験上「初投稿です!」と書いても書かなくても、結局メールの内容で選ばれるので採用・不採用には大きな変化はありません。

それによりも大きな効果があると思う一言が「いつも楽しく聞いています!」です。

「初投稿です!」ですと、今日始めて聞いてメールを送っただけの可能性もあります。
しかし「いつも楽しく聞いています!」だと、毎週聞いてくれている長年のリスナーだということが相手に伝わります。
そこに「いつも楽しく聞いています!初めてメールを送ってみました!」と書くと鬼に金棒です。
いつも聞いてくれていたのに、今回始めて勇気を出して送ってくれたんだ!とメールを選ぶスタッフさんは思うからです。

実際に「初投稿です!」と書かれたメールが読まれても、意外とパーソナリティさんは無反応です。
ですが「いつも楽しく聞いています!今回始めて送ってみました!」と書くと、パーソナリティさんは「ありがとねー」と言ってくれることが多いです!
まぁ、採用確率がちょっと上がるくらいの一言だとは思いますが、その少しの差が採用か不採用かの分かれ目です!

 

自信のないメールの後に、自信のあるメールを送る!

さすがにメールを1通だけ送っても、なかなか採用されません。
何通か送ることになると思います。
そのときは「自信のないメール」の後に「最も自信のあるメール」を送りましょう!

自信のないメールはたぶんあまり面白くありません、そのメールの後にそれよりも面白いメールを読むと「これは面白い!」と錯覚しやすいです。
120キロの変化球の後、140キロのストレートを見ると「すげー速い!」と思ってしまう現象と同じです。
本命のメールを際だたせるために、その前にちょっとつまらないメールを送るんです。

送信する時間ですが、自信のない1通目のすぐあとに本命の2通目を送りましょう!
1通目と2通目の間に他の人の面白いメールが番組に届いてしまったら意味がありませんので。

この裏ワザには意外な効果もあって、選ぶスタッフさんが「これ、1通目の方がいいじゃん!」と思ってくれて、1通目の方を読んでくれる場合もあるんです。
同じ人からのメールが続くと「どっちかを読んであげたい」という人間の優しさの心理をついています。
自分が本命とは思っていないメールが読まれることはよくあることです(笑)
そして「本命のメールの方読んでくれたらもっと笑ってくれたのに!」と思うまでが投稿あるあるです。



 

パーソナリティさんがしゃべっていたことへの情報メールを送る

パーソナリティさんが「昨日食べたラーメン」の話をしていたとしましょう。
そこがメールを送るチャンスです!!

「◯◯◯さんは塩ラーメンが好きなようですが、私は醤油ラーメンが好きで、神奈川県にある◯◯◯◯という店のラーメンが好きです!チャーシューが大きくて値段も安いですよ!」

というものすごく簡単なメールでも採用されます。
パーソナリティさんがしゃべっていたトークにプラスできる情報のメールはとても採用されやすいです。
まぁ、その情報を持っていることが前提にはなってきますが・・・。

 

まとめ

小手先のテクニックですが、この小手先テクニックを使えばかなり採用されやすくなると思います!
ぜひ試してみてください!



 

コツ・書き方・裏ワザカテゴリの最新記事