【初級編】ラジオでメールを読んでもらう簡単テクニック!

【初級編】ラジオでメールを読んでもらう簡単テクニック!

 数年前までラジオ番組への投稿で年間300採用されていた私が調子に乗って、そのときに活用していたラジオでメールを読んでもらう簡単なテクニックを紹介します。

基本的な書き方などはコチラを御覧ください・・・

「5行で収まるようにする」


 ラジオ番組では「短くて面白い」メールが採用されやすいです。文章が長くなるほど読まれるためのハードルが上がり、よほど面白くないと採用されなくなってきます。

 ラジオ番組で読まれるには「起承転結」が重要になってきます。起承転結で4行、それにパーソナリティさんへの質問、もしくは一言オチっぽいことを加えて5行です。

(1行目)私は今高校生で、バレーボール部に所属しています。
(2行目)部活の先輩に「マイケルさん」というニックネームの先輩がいるんです。
(3行目)マイケル先輩はレシーブのとき、必ず「ポウ!!」という声を出すのですが、それがマイケルジャクソンの決め言葉に似ているのでマイケル先輩と呼ばれています!
(4行目)ちなみに、顧問の先生は部員がミスをすると「どんだけミスするんだよ!」と怒るのでIKKO先生と呼ばれています!
(5行目)◯◯◯さんの部活では、おかしなニックネームをつけられた先輩や後輩はいましたか!?

 ものすごい基本的でベタな内容ですが、これで5行です。5行は文章にすると意外と長いですが、声に出して読んでみると20秒位になります。これぐらいがちょうどいいです!これより文章が多いと長く感じ、短いと内容が伝わりきらないことがあります。5行くらいであれば内容を伝えきることができて、長さも程よいです!
 1行ごとに「起承転結+質問」と決めてしまうと文章を書きやすいというメリットもあります。「送りたいメールがあるけどうまく文章にできない!」というときはこの「5行の法則」を活用してみてください。

・5行で収まるぐらいのメールはちょうど良い長さになる!
・起承転結を意識付けるとメールが書きやすい!



「初投稿です!」よりも「いつも楽しく聞いています!」


 最近のラジオ番組を聞いているとメールの最初に「初投稿です!」と書いて読まれている人が多いです。しかし私の経験上「初投稿です!」と書いても書かなくても、結局メールの内容で選ばれるので採用・不採用には大きな変化はありませんそれによりも大きな効果があると思う一言が「いつも楽しく聞いています!」です。

 「初投稿です!」だと、今日始めて聞いてメールを送っただけの可能性もあります。しかし「いつも楽しく聞いています!」だと、毎週聞いてくれている長年のリスナーだということが相手に伝わります。そこに「いつも楽しく聞いています!初めてメールを送ってみました!」と書くと鬼に金棒です。いつも聞いてくれていたのに、今回勇気を出して初めて送ってくれたんだ!とメールを選ぶスタッフさんは思うからです。

 実際に「初投稿です!」と書かれたメールが読まれても、意外とパーソナリティさんは無反応です。ですが、「いつも楽しく聞いています!今回始めて送ってみました!」と書くと、パーソナリティさんは「ありがとねー」と言ってくれることが多いです!まぁ、採用確率が0.1%くらい上がるレベルの一言だとは思いますが、初投稿のときはやってみる価値はあるんじゃないかな?と思います。

・「いつも楽しく聞いています!」で長年のリスナーアピール!
・採用確率はちょっとだけで上がる!かも?

自信のないメールの後に、自信のあるメールを送る!

 さすがにメールを1通だけ送っても、なかなか採用されません。何通か送ることになると思います。そのときは「自信のないメール」の後に「最も自信のあるメール」を送りましょう!

 自信のないメールはたぶんあまり面白くありませんそのメールの後にそれよりも面白いメールを読むと「これは面白い!」と錯覚しやすいです。120キロの変化球の後、140キロのストレートを見ると「すげー速い!」と思ってしまう現象と同じです。本命のメールを際だたせるために、その前にちょっとつまらないメールを送るんです。この作戦のときに送信する時間ですが、自信のない1通目のすぐあとに本命の2通目を送りましょう!1通目と2通目の間に他の人の面白いメールが番組に届いてしまったら意味がありませんので。

 この裏ワザには意外な効果もあって、選ぶスタッフさんが「これ、1通目の方がいいじゃん!」と思ってくれて、1通目の方を読んでくれる場合もあるんです。同じ人からのメールが続くと「どっちかを読んであげたい」という人間の優しさの心理をついています。自分が本命とは思っていないメールが読まれることはよくあることです(笑)そして「本命のメールの方読んでくれたらもっと笑ってくれたのに!」と思うまでが投稿あるあるです。

・読まれたいメールを際立たせる!
・複数送ることで「どっちかは読んであげたい」とスタッフさんに思わせる!



実際に番組で読まれているメール&トークを研究する!

 ラジオ番組で読まれるメールの「正解」は、毎回実際に放送で読まれたメールです。野球のことをまったく知らないパーソナリティのラジオで、野球について語りまくったメールを送っても読まれません!そのパーソナリティさんがサッカーについてのメールを多く読んでいるのであれば、その番組へはサッカーについてのメールを送るのが「正解」ということになります!

 野球とサッカーについては具体例としてわかりやすく書きましたが、実際のラジオ番組ではそこまで「正解」がわかりやすくないです。芸人さんがパーソナリティラジオならば「よく読者モデルを攻撃するようなネタメールが多いなぁ」と正解がわりますが・・・・。
 これが男性アイドルや女性アイドルさんがパーソナリティのラジオだと、その正解がわかりにくくなってきます。なぜならアイドルの方々はファンの方を意識してトークするので、自分の好き嫌いについて明確にしません。もしも「野球は好きだけど、サッカーはイマイチよくわからない~」というトークをしたらサッカー好きのファンの人から嫌われてしまうからです。だから好き嫌いをあまり出さず、トーク内容からなかなか「正解」を導き出しにくいです。実際に読まれるメールもそこまで踏み込んだものは読まれにくい傾向にあります。

 では、そこからどう「メールの正解」を見つけていくのか?それは実際に読まれたメールと、そのメールを読んだ後のパーソナリティさんのトークから判断していきます!メールを読んだ後のトークが面白いほど、そのメールに「正解となるモノ」が入っているからです!番組側としても「こういうメールを読めば面白くなる!だからそういうメールを読みたい!」となって、メールを選ぶスタッフさんもそのようなメールを選びやすくなります!

 さて、ここでとあるラジオ番組に送ったメールを1通・・・

〇〇〇〇さん、こんばんは!
私は今、中学2年なのですが、高校生になったらどんな部活に入るのかを悩んでいます。
今はなんとなく運動したいから入った陸上部に入部していますが、高校ではそこまで本気で運動したいとは思っていません。
高校までは遠いので自転車通学をします、その通学時間は片道1時間!
もう運動は通学の自転車だけで十分です(笑)
〇〇〇〇さんは高校のとき何部でしたか?また、部活はどういう理由で決めましたか?教えてください!

 このメールは、私が実際に中学校の時に採用されたメールです(笑)懐かしいなぁ・・・若いなぁ・・・自分!!さて、これはとある現役高校生アイドルさんの番組に送ったものでした。なぜ私がこのようなメールを書いたのか?それはこのメールを送る数週間前の番組内で「私はまだ高校生だけど、大学生になったらサークルに入るものなの?」というトークをしていたからです。そのトークはたしか、「駅前で騒いでいる大学生のサークル集団を見ると泣けてくる」みたいなメールを読んだところから発展していったと記憶しています。
 その数週間前のメールとトークを聞いて私は「あっ、学校のことをけっこう話してくれるアイドルさんなんだ!」と思いました。パーソナリティさんの中には学校についてあまり話さない人も多いのです。私はこのトークを聞いて「学校のことについてのメールを送ったら採用されそうだなー」と思って実際にメールを送り、そして採用されました!「サークルに入るものなの?」と言っていたので、部活トークも広がりそうだと思ったのも要因の一つです。私は数週間前のメールとトークから「学校の話題」「中でも部活の話題」がポイントになると判断しました。

・ラジオ番組で読まれるメールには「正解」がある!
・番組内で話題になっていることは採用されやすい!
・番組内で読まれたメールと、そのメールから発展したトークに正解がある!



パーソナリティさんのブログから話題を見つける!


 今や多くの人がブログやSNSをやっています。ラジオのパーソナリティさんもブログやSNSをやっていることが多いです。そこで、そこからメールで使用できる話題を見つけましょう!ブログやSNSで話題にしたということは、それについて話したい!と考えている証拠です。メールを送らなくても、パーソナリティさんはトークの話題として話すかもしれませんが、そのトークへのきっかけとしてメールが読まれる場合があるので、そこは「送らなきゃ読まれない!」の精神で送っておきましょう!

 例えば、パーソナリティさんが「今日は博物館に行ってきたよ!」とブログなどに書いていたとしましょう。きっとパーソナリティさんは博物館に行ってきたトークをラジオでします。そこで読まれるメールは3通りあると私は考えています。では、その3パターンのメールを紹介します!

パターン1「知りませんでした」作戦

 1つ目のパターンは「知りませんでした」作戦です!どんなメールかというと・・・

ゴールデンウィークを利用して家族で美術館に行ってきました!両親は楽しんでいましたが私はさっぱり面白さがわかりませんでした・・・

 パーソナリティさんがそんなことをブログを書いているなんて知りませんでしたよ?でも、同じような体験を私もしちゃっていたんです!というものです。パーソナリティさんが博物館に行ってきたなんて私知りませんでした、でも偶然にも私は美術館に行ってきて同じような体験をしているんです!ほら、パーソナリティさん、最近美術館とか博物館についてトークできませんか?
 まぁ、ちょっとズルい作戦ですね(笑)自然と博物館トークを引き出そうという作戦です。パーソナリティさんもこのメールからは確実にトークが広がるので、採用確率はかなり高いです!このときのメールはあくまで「パーソナリティさんのトークを引き出すこと」にあるので、自分自身のエピソードは短めにするのがポイントです!

・わざとらしくないように自然とトークを引き出そう!
・メールに書くエピソードは簡潔に!

パターン2「ブログで書いていたこともっと詳しく話してください!」作戦

 これはそのままの作戦名です。

〇〇〇〇さんがブログで書いていた博物館、とてもオシャレでカッコイイですね!どんな場所でしたか?あと、一緒に行った▲▲▲▲さんが遅刻した理由も気になります!

 こんな感じで、ブログを読んだことを書いたあとに「ここを話して欲しい!」というポイントとなることをさらに書きます。こうすると、パーソナリティさんはそのポイント(今回だと遅刻理由)を話しつつ、自分が話したいと思っていた博物館トークをすることができます。この作戦は実際によくラジオで読まれています!みんな送っている作戦なので、速いものがちになっているように思います。ブログでこの作戦が使えそうなものを発見したら、すぐにメールを送りましょう!

・常にブログやSNSをチェックしよう!
・作戦としては効果絶大!?
・メールで送れそうな話題を見つけたらは早く送ろう!

パターン3「ブログで書いていたことへの追加情報」作戦

 これは、ブログで書いていたことをトークするのは当たり前!なので、そのトーク後に読まれるメールを送っちゃおう!という先を読んだ作戦です。

〇〇〇〇さんがブログで書いていた博物館ですが、実は夜8時になると噴水周辺で博物館スタッフの人が見送りのダンスをしてくれるんですよ!そこまでちゃんと見ましたか!?

 パーソナリティさんが博物館に関するトークをした後、このメールを読んでもらおうという狙いです。こういう「情報」というのはメールの文章構成とか面白さを抜きにして、その情報だけで面白いので採用率が高いです!
 パーソナリティさんの博物館に関するブログを見た後、すぐにその博物館について調べて「こういうのあるけど、見ましたか?行きましたか?」というメールを送ります。この作戦は、「調べる」という手間が加わってくるので他のリスナーさんは面倒臭がってやりません。競争率が低いので採用されやすいのです!

・先を読んだ頭脳的作戦!
・競争率が低いので採用されやすい!

ネタメールの採用確率を上げる方法!

 ネタメールは、とにかく面白いメールが求められます!発想力やアイディア、文章構成など全てが求められる難しいメールです。送ってくるリスナーさんも芸人を目指しているような人だったり、センスの塊だったり・・・競争率はとんでもなく高くなっています。なかなか採用されません

 私も投稿し始めのころはネタメールがまったく採用されませんでした。普通のメール(ふつおた)は何度か採用されていましたが、初めてネタメールを採用されたのは初投稿から6ヶ月後のことでした。それぐらい、ネタメールで読まれるのは難しいと私は思っています。ですが一回読まれて、ツボにハマるとそこからは一気に採用されていきます!私はオールナイトニッポンで1週間にネタメールだけで30採用されたこともありました。それだけハマるとデカい!それがネタメールです!

 で、ネタメールが採用されるようになるには「番組で読まれているネタメールを何度も聞くこと!」が一番の近道だと思っています。録音したラジオ番組を自分で編集して、ネタメールが読まれている部分だけを何度も聞き返します。するとどうでしょう?脳みそがネタメールを考える脳みそに変化していきます!私がスピードラーニングをバカにできないのはこの経験があるからです(笑)ずっとネタメールの読まれている部分を聞いていると、ただ歩いている犬を見ただけで犬に関するネタが思い浮かんできます。テレビに出ている読者モデルを見ているだけ、その読者モデルを攻撃する面白いネタが出てきます!

 とにかく思い浮かぶネタの数が増えていきます。あとは、その思い浮かんだネタを手当たり次第に送っていきます!すると何十通も送った中から、1つくらい採用されます。数撃ちゃ当たる作戦ですが、ネタメールは数を出すのが難しいのです。数さえ出れば、あとは送っていく中で自然とネタが洗練されてどんどん採用されるようになってきます!

 ちなみに、何度も聞くネタコーナーはどんな番組でも良いと私は思います。私はオールナイトニッポンをメインにネタメールを送っていましたが、何度も聞き返していたのはオールナイトニッポンのライバル番組であるJUNKの伊集院光さんのネタコーナーでした。

・ネタメールは競争率がとにかくスゴイ!
・読まれるのは難しいが、一度ハマるとめちゃくちゃ読まれる!
・ネタコーナーを何度も聞き返して、ネタを考える脳にする!

コツ・書き方・裏ワザカテゴリの最新記事