ラジオ投稿初心者講座「ふつおた」の書き方

ラジオ投稿初心者講座「ふつおた」の書き方

 

「ふつおた」の書き方、ちょっとしたコツを紹介していきます!

「ふつおた」とは?

正式名称は「普通のお便り」、略して「ふつおた」です。
ラジオ番組にメールを送るとき、コーナー以外にパーソナリティの方に伝えたいことがあるメールをこのように呼びます。

例えば、音楽系アーティストさんがパーソナリティの場合は「あの曲聞きました!」「ライブ見に行きました!」と送るのがふつおたです。
タレントさんがパーソナリティの場合ならば「今日は鍋を食べて美味しかったです。○○さんは鍋好きですか?」というのがふつおたです。

「ふつおた」というものを正式に定義した人は今までいないので、あやふやな表現ですがファンレターのラジオバージョンという感じでしょうか?
番組当日のメールテーマを送るときのメールも「ふつおた」と呼ぶこともあります。



 

ふつおたのメール形式

送るメール形式に決まりはないので、僕はこんな感じで送ってますよ~というものです。
好きなようにアレンジして書いてください!

ただし「絵文字」「色をつける」などは文字化けの原因になるのでやめましょう!!

 

ふつおたのコツ。

ラジオへのメールを送るときの最重要事項は「番組が面白くなること」です。
ふつおたが読まれることで番組が面白くなる、盛り上がることが求められています。

この「面白くなる」というのはただ笑わせるという意味ではなく、トークが盛り上がるということになります。
ふつおたを題材にしてパーソナリティさんが自分の話に繋げやすいようにするんです。

 

定番のメールが採用されやすい理由

CDを発売したアーティストさんの番組で「新曲買いました!」という定番メールがよく採用されます。
これは、このメールを題材にして、新曲に関するエピソードをアーティストの方が話せる=盛り上がるトークができる、からよく採用されるんです。
どうやってパーソナリティの方のトークを広げられるか?展開できるか?が重要なのです。

 

時期にあったメールが採用されやすい

節分が近ければ節分に関するふつおた、バレンタインデーが近ければチョコ・恋にまつわるふつおたが採用されやすいです。
節分に関するメールであれば「恵方巻きって食べた?」でトークが広がりますし、バレンタインデーは女性パーソナリティならば恋トークで盛り上がるでしょう。
このようにトークが広げやすいという理由もありますが、「時期にあったふつおた」は採用されやすい傾向にあります。

これは番組上”流れが出来る”ので扱いやすいんです。
お正月にチョコの話を急にしても「なんで正月にチョコの話?」と思っちゃうように、ラジオ番組というのは「なぜこの話題を今するのか?」が重要になってきます。
まぁ、これは雑誌でもテレビでも、知り合いとの会話でもそうですね。その時期に合ったトークっていうのは自然な流れなんです。

「実は○○月○○日は、ふんどしの日なんですよ!知っていましたか?」なんていうメールもよく採用されています。
パーソナリティの人にとってふんどしはまったく関係なくても、その日がふんどしに関係あればトークをするには自然なんです。
もちろん、そのふんどしからトークを広げられる要素が多少は求められますが「時期に合っている」というだけで採用されることもあります。



 

自分のエピソードはオチが重要!

例えば「学校で面白いことがあったから、どうしてもパーソナリティの人に聞いてもらいたい!」というキッカケでふつおたを書くこともあるでしょう。
もちろんこれは「ふつおた」としては大正解なことで、番組側もこのようなメールを求めています。
ですが、これも「ふつおたからトークをどのように展開させるのか?」が重要になってきます。

 

最後を質問で終わらせる!

ここででちょっとした裏ワザです。
エピソードを書き終わったあとに一言「こんなことがありました。○○さんはこのような失敗をしないための対策をしていますか?」と質問を書いちゃうんです。

このときの質問は具体的に書くのがポイントです。

「こんなことがありました。○○さんはどう思いますか?」と抽象的な質問はダメです!
ビシっと「コップを割らないための対策はありますか?」や「傘をなくさない方法ってありますか?」と具体的な質問にします。

人間って抽象的な質問には答えにくいものです。
なるべく質問のポイントを絞ると答えやすく、それが採用されやすいふつおたになっていきます。

 

第三者が読んでもわかるように必要な情報を必ず入れる!

「私が3歳のとき、近所の土手で転んだときの傷が今でも残っています。それがチャームポイントなんですけどね!」というふつおたを書いたとしましょう。
書いた本人としては満足な文章かもしれませんが、第三者としてはいろいろと情報が足りません。
「3歳っていつ?」「どこに傷があるの?」「それがチャームポイントになるってことは男?女?」いろいろと疑問が湧いてきて、結局のところ伝わらないふつおたになってしまっています。

ですのでこういう場合は・・・
「今から20年前、3歳ぐらいのときに近所の土手で転んでしまい、右手の甲にナナメの傷が残ってしまいました。初対面の人にも「その傷どうしたの?ちょっとカッコイイね!」と言われるので、男の勲章のような気がして、今ではチャームポイントになっています!」と、書くと伝わります。
最初のメールよりも内容が深まっていると思います。
このようなメールの最後に「◯◯さんも今残っている子供の時の傷ってありますか!?」と質問つけちゃえばいいんです!

 

まとめ

結局のところ「ふつおた」のコツではなく、行き着いたのは「文章のコツ」かもしれません。

思いを込めて相手に伝わる文章を書くと、それが採用されるふつおただと思います!

 

コツ・書き方・裏ワザカテゴリの最新記事