【初心者】ラジオメールの送り方!読まれやすいネタの書き方を紹介【コツ】

Nanazi
ラジオ番組に送るメールってどう書けばいいの?

 

ブログの検索ワードで「ラジオ メール 書き方」というものが多いので、その疑問に少しでもチカラになれたらいいな!ってことで書いていきます。

 

今回紹介するメールの送り方は、通常の地上波ラジオ(AM、FM)はもちろん、ネットラジオでも応用することができますよ!

 

私は、今回紹介する形式で何年もラジオ投稿をして採用されているので、間違っていることはないはずです!

「なぜそう書くのか?」がわかれば、自由に書く場所などを変えても大丈夫です!

 

「ラジオへのメールの書き方」とは?

ラジオへのメール投稿は、決まった書式・形式は無いので自由で良いです。

「パーソナリティさんは、こういう風な感じが読みやすいかなぁ??」と想像しながら個人個人で書くのが一番良いと思います。

 

今回紹介する書き方を「基本」としてアレンジしたりしてみてください。

 

書き方例(画像アリ)

ではまず、実際に私がラジオ番組にメールを送っている

上記のような感じです。

以下、それぞれの注意事項などについて書いていきます。

 

「もう書き方はだいたいわかったからコツとか教えてくれ!」という方は、下記の別記事を読んでみてください。

BIGORAN(ビゴラン)

今回はラジオ番組に送ったメールが読まれるためのコツなどを紹介していきたいと思います。   私は学生時代にラジオへメールを…

 

宛先

XXXXXX@OOOOOO.com

宛先は番組のメールアドレスを書くことになります。

 

番組のホームページからメールアドレスをコピペして貼り付けるのが間違いがなく無難です。

たま~に番組ホームページのメールアドレスが間違っている場合がありますが、そういう場合は送信した数秒後にエラーメッセージが返信されてくるのでわかります。

エラーメッセージが返って来た場合はメールアドレスが正確かどうかをしっかり確認しましょう!

 

件名

件名→○○○のコーナー

タイトルは絶対に書きましょう!

 

「どのコーナーに送ったのか?」を一目でわかるようにしないと、番組スタッフさんが仕分けに困ってしまいます。

最近、有名深夜番組のオールナイトニッポンなどでは「件名(タイトル)は違えないようにしてください!」と念を押す番組もあります。

しっかりと放送を聞いたり、番組HPのコーナーの項目を読んでおきましょう。

 

番組の感想などを送るときも
「○○○について」「先程の○○の商品について」「ふつおた(普通のお便りの意味)」

などと、必ずタイトルは書くべきです。

 

・コーナー名はタイトル(件名)に書く!
・件名は番組内で指定されたタイトル名で書く!
・コーナー以外のことについて送る場合も、臨機応変にわかりやすいタイトルをつける!

ラジオネーム(ペンネーム)

○○県○○市
ラジオネーム→○○○○○○

パーソナリティさんはメールの上から順番に読むのが一般的です。

ですので、最初に自分のラジオネーム(ペンネーム)を書くのが一番良いと思います。

読みにくい漢字などを使っている場合は、「〇〇〇〇(ふりがな)」とカッコを付けて読み方を書いておきましょう。

 

パーソナリティさんによっては「○○県にお住まいのラジオネーム○○さん」と丁寧に言ってくれることがあります。

そのような時のために最初に県と市までを簡単に書いています

また、パーソナリティさんに住んでいるところを認識してもらうと嬉しい気分にもなれます!

「ライブで○○県に行ったんだけど・・・そういえばラジオネーム○○○○の住んでるところだよね」とかトークしてくれたりします!

 

 

一番最初に詳しい住所やら本名を書く方がいらっしゃるようですが、私は以前にそれで本名を読まれそうになったので、そういう個人情報はメールの一番下に書くようにしています

最初にラジオネームさえ読まれれば本名も間違って読まれることはないでしょう!

 

 

「本名で読んでもらいたい!」という人は「本名OK→○○○」と書くのがベストです。

”本名→○○○” だけだと「あれ?ラジオネームを書き忘れてますねー」など言われて名前読まれない可能性あります。

 

・ラジオネームは本文の一番最初に書く!
・念の為、県名と市名くらいまでを書いておく。
・本名で読んでもらいたいときは「本名OK→○○○○」と書く!

 

 

本文

○○県○○市
ラジオネーム→○○○○○○○○さん、こんばんは!
今日のテーマは鍋ということですが・・・

ラジオネームの部分から数行開けて、伝えたいメッセージやネタを書きます

 

長文を書くときは”改行”を適度にしましょう!

でないと変なところで行変えが起こってしまい、パーソナリティさんがメールを読みずらくなってしまいます。

 

改行をしなかった場合の見た目

番組に送られたメールというのはA4サイズの用紙に印刷されます。

スマホでは改行をしなくても読みやすく見えますが、それをA4サイズの用紙で印刷すると横長に文章が伸びてしまい、目線の横移動が多くなって読みにくくなります。

 

文章の切れ目もわかりにくく、音読しづらいです。

上記の画像例でいうと「感じます」と「ね」で行が変わってしまっていて、「ね」があることに気づきにくいですね。

 

 

改行を行った場合の見た目

改行をすると、A4サイズの用紙に印刷した時にこんなに読みやすくなります!

わかりますか?この読みやすさを!

 

というわけで改行はしっかり行いましょう!

読みやすさが格段にアップすることで、面白いメールをしっかり面白く読んでもらえます。

 

また、本文を書いた後、自分で音読をしてみて読みづらいところがないかを確認しましょう!

 

・本文はラジオネームから数行開けてから書く!
・「改行」を意識して、読みやすいように書く!
・自分で音読してみて読みやすい文章にする!
ラジオへのメール投稿 完全解説記事一覧
5

ラジオへのメール投稿において年間400採用を達成した、ただのラジオ好き(現・放送作家)がラジオ投稿のノウハウやコツなどを書いた記事をまとめたページです。ラジオへのメール投稿が初心者の人はもちろん、常連リスナーを目指す中級者の人にも役立つ情報が掲載されています。

ネタメールの場合はどう書けば良い?

・1ネタ目

短文コーナーのネタメールを送る場合、1つのメールに1ネタのみ書きましょう!

 

ここ最近、多くの番組で「1メールに1ネタのみ書いてください!」と注意することが増えてきました。

「なんかもったいないから、1つのメールにたくさんネタ書いて送っちゃおう」というのはマナー違反です。

しっかりと放送で読まれる注意事項、HPのコーナー説明欄を読んで下さい。

 

住所、本名、電話番号などの個人情報

〒000-0000
住所:○○県○○市○○町0-0-0
本名:本名太郎
電話番号:000-0000-0000

メールの最後に詳細な住所と氏名を書きます

 

これは、メールが読まれたり抽選で選ばれたりしたときに「なにかしらグッズがもらえる」場合には必須です。

 

逆に言えば、読まれてもグッズがもらえない場合には書かなくても良いです。

住所の有無で採用確率が変わるということはありません

 

私の場合、普段はグッズがもらえない番組でも詳細な住所と氏名を書いています。

極稀に、パーソナリティさんの気まぐれで急に「読まれた人にはこれあげます!」と言い出す時があるので・・・。

 

電話番号は念のためです。

リスナーと電話を繋ぐコーナーに送る場合は必須です。

 

・読まれてグッズがもらえる場合は個人情報は必須!
・念のために個人情報は書いておいて損はなし!

 

 

メールが読まれるようになるコツ

ここまででメールの基本的な書き方はわかっていただけたと思います。

ではここからは少しレベルアップして、ラジオにメールを送るときのルールや読まれるためのコツについて書いていきます。

 

今から解説するルールを知っていないとメールは読まれないですし、コツを知っていれば読まれる確率を上げることができます!

他のライバルリスナーよりも良いメールを書いて、自分のメールが少しでも読まれるようにしましょう。

 

メールを書くときにやってはいけない禁止事項

ラジオ番組にメールをやってはいけない禁止事項というのが大きく2つあります。

 

・同じ内容のメールを何通も送りつける。

・他の番組にも送ったメールを流用していろいろな番組に送る。

 

この2つに関しては最近では公式サイトでも注意書きがされているレベルです。

それだけやってしまっている人が多いですので、注意しましょう。

 

 

他にもある「やってはいけないこと」は別記事で詳しく書いています。

 

関連記事

Nanazi良かれと思ってやったことが逆効果になっているかも?それが不採用の原因になってしまう可能性も? 今回は「ラジオへのメール投稿でやってはいけない禁止事項」を紹介します。もしもこれをや[…]

 

あなたのメールはなぜ読まれないのか?実例を元に解説します

ラジオ番組にメールを送っても初心者の人はなかなかメールは読まれないでしょう。

 

実際に私自身も初めてメールが読まれるまで3ヶ月ほどかかっています。

 

というわけで、メール投稿初心者リスナーさんから「私のメールが読まれません!なにかアドバイスありますか?」と相談を受けた実例を元に、メールが読まれない原因について解説してみました。

詳しくは下記別記事を御覧ください。

 

関連記事

 カンドリラジオに送った私のメールがぜんぜん読まれません!どうしてですか? 桧川ようとこのような質問はよくありますが、「野球をやっていますがヒットが打てません。どうしてです[…]

 

メールの長さはどれくらいが良いのか?

初めてメールを書いていると、どれくらいの長さのメールを書いていいんだろう?と思うことがあるでしょう。

というわけで、ラジオ番組に送るメールの長さについても解説してみました。

簡単に言うと「長すぎると採用されにくいよ」という話です。

 

かといって、短すぎると話が伝わりにくくなってしまいます。

そこで誰でも簡単にラジオに最適なメールを書ける方法を解説です!

詳しくは下記別記事を御覧ください。

 

関連記事

 桧川ようとラジオ番組へ送るメールの文章って多い方が良いの?それとも短い方が良いの? 今回はメールの「文章量」という部分に焦点を当てて、ラジオへのメール投稿のコツを書いていきたいと思い[…]

 

面白くて採用されやすいネタメールの考え方・作り方

ラジオ番組にはネタコーナーがつきものです。

好きなパーソナリティさんが自分のネタで笑ってくれる、最高ですよね!

 

ですが、ネタはそう簡単に思いつくものではありません。

プロの芸人さんでさえ、めちゃくちゃネタを考えてそれでやっと人を笑わせることができるんですから。

 

というわけで、ラジオ番組のネタコーナーで読まれやすくなるネタの考え方などを解説です!

詳しくは別記事を御覧ください。

 

関連記事

 桧川ようとラジオ番組といえばネタコーナーが面白いですよね! カンドリ私もネタコーナーにメールを送って読まれたいです!パーソナリティさんを笑わせたいです! […]