ラジオに送ったメールの採用&不採用は誰がどうやって選ぶの?

 

ラジオのメール投稿に関するシリーズ!

今回は「ラジオ番組に送ったメールは誰が選んでいるの?」ということについて書いていきたいと思います。

 

ラジオで読まれるメールは「ちゃんと選ばれている」

まず基本的にラジオに送られたメールが放送で読まれるときには、必ずスタッフさんのチェックが入ります。

番組内で読むメールというのはしっかりと内容を読まれて選ばれているわけです。

 

メール投稿初心者の方で勘違いが多いのが「メールはくじ引きのようにランダムで選ばれている」です。

そのような抽選形式でメールを選んでいたら、文章がめちゃくちゃでまったく面白くないメールが読まれちゃう可能性がありますし、放送禁止用語がたくさん書かれたメールを読んでしまうかもしれません。

ですから、ラジオメールというのは絶対にスタッフさんのチェックが入ります!

 

直木賞とか芥川賞がランダムで選ばれていないのと同じです。

良いメールが放送で読まれます。

 

放送で読むメールを決めるのは番組スタッフさん

というわけで、番組で実際に読まれるメールを選んでいる、決めているのは番組スタッフさんです。

パーソナリティさん本人が選ぶ場合もありますが、それはごく一部だけの方だけです。

基本的には番組スタッフさん(放送作家さんとか)です。

 

放送作家さんとは、番組の台本を考えたり、放送中はパーソナリティさんの目の前に座って相槌を打ったり、メモ書きでトークの手助けをしたりします。

放送作家さんがいない番組ではディレクターさんがその役割も担うこともあります。

 

created by Rinker
小学館
¥550(2021/06/22 18:16:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

面白いメールが採用される

では、どういうメールを番組スタッフさんは選んでいるのか?

採用&不採用を決めるのかというと、放送で読んで面白いかどうか?で決めています!

単純ですね。読んで面白ければ採用です。

 

その面白い・面白くないの基準としては、「他のリスナーさんよりも面白いかどうか」です。

 

その日の放送中で一番おもしろいメールを送れば採用されます!

逆に、どんなに面白いメールを送れたとしても、他のリスナーさんが自分のメールよりも面白ければ、自分のメールは不採用になってしまいます。

他のリスナーさん(ライバル)との競争ということです。

ライバルたちよりも面白いメールが書ければ採用されます!

 

 

ですのでオールナイトニッポンやJUNKのような深夜の人気番組では競争率が高いので、なかなか採用されません。

あまり人気のない番組では簡単にメールを読んでもらうことが出来ます。

 

まとめ

番組スタッフさん(もしくはパーソナリティさん本人)が、送られてきたメールの中から面白いメールを選んでいるというわけです!

よく「なんで私のメールが採用されないの?」とイライラしてしまいますが、それだけ他のリスナーさんが面白いメールを送ってきているということです。

放送中に読まれるメールを研究し、自分のメールの質を上げていけばいつかは採用されるので、それまでは挫けずに送り続けましょう!

ラジオへのメール投稿 完全解説記事一覧
5

ラジオへのメール投稿において年間400採用を達成した、ただのラジオ好き(現・放送作家)がラジオ投稿のノウハウやコツなどを書いた記事をまとめたページです。ラジオへのメール投稿が初心者の人はもちろん、常連リスナーを目指す中級者の人にも役立つ情報が掲載されています。