ラジオ番組へのメールはいつ送れば良いの?採用率が上がる送信のタイミング、時間帯はあるのか?

ラジオ番組へのメールはいつ送れば良いの?採用率が上がる送信のタイミング、時間帯はあるのか?

 「ラジオ投稿テクニック」シリーズ、今回は「メールを送るタイミング」について書いていきたいと思います!

ラジオ番組への投稿メールはいつ送れば良いのか?


 まずはラジオ番組に送られてくるメールがどのように選ばれて実際に番組内で読まれるのかを紹介していきます。そこがわかればメールを送るタイミングもわかってくると思います!

 ラジオ番組に送られてくるメールというのは必ずスタッフやパーソナリティ本人のチェックがあってから読まれます。メールがいっぱい入った箱の中からテキトーに選んでいるわけではありません。もしもそうやって内容も見ず、くじ引きのように選ばれているのならば、いわゆる政治的なヤバイメールが読まれる可能性がでてきてしまいます。放送中に「うわっ、これはヤバイメールなので読めません・・・」となる、そんなラジオ番組ありませんよね?必ずメールは全てチェックされ、その内容が良ければ番組で読まれるのです。

 というわけで、番組で読まれるメールというのは必ず事前チェックがあります。言うなれば、その「事前チェック」がメールの締め切り時間となります!ではケースごとに「事前チェック(締め切り時間)」を紹介していきます。

生放送での「当日のメールテーマ」はいつ送れば良いのか?

 生放送中に発表される「当日のメールテーマ」に送る場合は、そのままですね。放送中に送らなければいけないので、すぐにメールを書いて送りましょう!2時間番組であれば最初に45分くらい以内に送らないと番組終了までには読まれません。1時間くらい経ってから送っても、もう読まれるメールのストックがいっぱいになっているので番組内では読まれない可能性が高いです。そういうことで、生放送中の当日のメールテーマに送る時はとにかく早く!急いで送ることが重要です!

生放送での「コーナー」にはいつ送れば良いのか?

 毎週やっているコーナーに送る場合、そのコーナーで読まれるメールは放送前にあらかじめ選ばれています。放送中は番組スタッフさんも当日のメールテーマを選ぶことだったり、番組進行の仕事をしているのでコーナーへのメールを選んでいる暇などありません。そのためコーナーのメールは放送前に選ばれているのが一般的です。

 放送が始まるまでに送らなければいけませんが、コーナーの締め切り時間は私達リスナーにはわかりません!選ぶ番組スタッフさんが放送前に余裕があるのであれば、番組開始10分前まで選んでくれているかもしれませんし、放送前に忙しかったら番組開始の3時間前が締め切り時間になるかもしれません。それをリスナーはわかりません。なので「とにかく早く送れ!」ということです。早く送れば確実に締め切りには間に合っています。私の場合、遅くても前日までには送るようにしていました

録音番組へのメールはいつ送れば良いのか?

 一番むずかしいのが録音番組へのメール投稿です。録音番組というのは放送とは別日に録音して放送されますが、その「別日に録音」される日がリスナーにはなかなかわかりません。パーソナリティさんのスケジュールによっては1週間前に録音することもありますし、パーソナリティさんが忙しいと前日に録音ということもあります。こうなると締め切り時間はまったくわかりません。これも「とにかく早く送れ!」としか言えません

 さらに30分番組となると厄介です。30分番組の場合は毎週30分のためだけにスタジオにくるのは面倒なので、一気に4本撮りとかをします。月1回の収録ということになります。その月1回の収録までにメールが間に合っていないと、それから4回分の放送では確実に自分のメールは読まれません!クリスマスを話題にしたメールを送っても、すでに12月分の録音が終わってしまっていれば、クリスマスのメールは時期外れということで読まれません。ですので、またもやこれも「とにかく早く送れ!」ということです。



採用率が上がるメールを送る時間帯はあるのか?


 さきほども書きましたように、送られてきたメールというのは番組スタッフさんがチェックします。スタッフさんもいろいろな仕事があるので、メールをチェックするのは1日に1回とか、放送前に1回とかそれぐらいの頻度でしょう。毎時間ずっとチェックするのは不可能です。そのような状況で「20時に送ると読まれやすいよ!」ということがあるのでしょうか?「20時までに送ると読まれやすいよ」というウワサがあったとしたら、それは「締め切り時間が20時だからね!」ということです。私も投稿歴10年以上、いろいろと考えましたが採用率が上がるメールを送る時間帯というのはどう考えても存在しないです!

 あるとすれば「放送2日前の朝に送ると良いよ!」とかでしょうか。多くの人は放送日の前日とかギリギリにメールを送ると思うので、それよりも早い2日前に送ることで同じような内容のメールの1番乗りになって採用されやすい!というのはあるかもしれません。同じような内容のメールが届いた場合は早いもの勝ちで、早く届いた方が採用されますから。これも結局は時間帯というより「締め切りまでにちゃんと送ろう!」というだけの話です・・・。

 というわけで、採用率が上がるメールを送る時間帯は・・・無い!と言い切ります!早く送る、それだけが正解です!

まとめ

 とにかく私は言いたい、送るタイミングなんて無い、とにかく「早く送る」こと!それだけです!早く面白いメールを送る、それで良いです!

コツ・書き方・裏ワザカテゴリの最新記事