【ラジオ】オールナイトニッポンでメールが採用される方法とコツ!読まれるためにするべきこと!

どうも、ただのラジオ投稿好きです。

どれぐらいラジオへのメール投稿が好きかというと、投稿しまくっていた学生時代は年間400通採用、一週間では最高60採用されたこともあります。

 

Nanazi
あの頃は学校帰りにすぐ寝て、深夜1時から起きてラジオを聴いていました。

 

そんな、メール投稿の研究を重ねまくった私が、今回は人気の深夜ラジオ番組「オールナイトニッポンでメールが採用されるコツ」を書いていきたいと思います!

 

基本的な書き方を守る!

まずはラジオにメールを送る時の基本的な書式・テンプレートを守りましょう!

関連記事

Nanazi ラジオ番組に送るメールってどう書けばいいの?   ブログの検索ワードで「ラジオ メール 書き方」というものが多いので、その疑問に少しでもチカラになれたらいいな!ってことで書いていきます。 […]

書き方の書式については、上記の別記事でめちゃくちゃ詳しく書いていますので、そちらを御覧ください!

ここで間違っていて、そもそもしっかりメールが番組に届いていなかったら意味がないですからね。

 

番組側に嫌われないようにルールを守る!

メールの書式がわかったら、あとは送るだけ・・・。

ですが、まだ注意が必要です!

それが番組に嫌われてしまうようなメールを送ることです。

 

私はよく、ラジオ番組へ送るメールを「好きな人への手紙・ラブレターだと思うと採用されやすくなるよ!」と言っています。

好きな人へのラブレターを、嫌われるような送り方をしてしまったら、どんなに内容が良くてもフラれてしまいます。

それと同じで、番組に嫌われるメールを送ってしまったら、どんなに面白いメールを送っても採用されません!

 

さて、その嫌われるメールの送り方というのは・・・

同じ内容のメールを何通も送る!

ということです。

 

番組に送られてくるメールを選ぶのはスタッフさん、番組の放送作家さん、あとはパーソナリティさん本人です。

ちゃんと1通1通読んで、番組で採用するメールを決めています。

それなのに、同じメールを何通も大量に送られてきたらどう思うでしょうか?

 

Nanazi
これさっきも読んだわ!うぜー!!

 

って思っちゃうでしょう?

ラブレターも何通も送られてくる、LINEで何通も「好きです、付き合ってください」って送られてきたら怖いでしょ?

 

だから、番組に送るメールは一球入魂!で送りましょう。

 

ちなみに、「違う内容のメールを何通も送る」というのはOKです!

番組で何度もメールを読まれる常連リスナー(ハガキ職人)さんは、何通、何十通も違う内容のメールを送っています。

ボツも大量にありますが、そのうち1通でも読まれれば良いんです。

 

パーソナリティさんやスタッフさんのことを好きになる!

当たり前のことですが、パーソナリティさんや番組スタッフさんのことを好きになりましょう!

何度も言いますが、ラジオ番組へのメールはラブレターです。

好きな人に送るメールというのは内容も濃くなり、相手を喜ばせる文章に自然となっています。

あと相手のことを知ろうと思うので、相手が喜ぶメールも書きやすくなります。

 

そして、相手のことを好きになると「メールを読んでくれるツボ」がわかってきます。

メールを選ぶスタッフさんも人間です。

面白いと思うことへの好みがあります、ツボがあります。

 

これは、お笑い好きの人でも「私は漫才師の○○が好きだけど、コントの○○○ではあんまり笑えないんだよね、人気あるけど・・・」というのと同じです。

人には好みというのが必ずあります!

 

その好みと違うことを送っても、それをスタッフさんは面白いとは思わないので、不採用が続いてしまいます。

さっきの例で言うと、漫才師が好きだという異性との会話を盛り上げたいのに、ずっと、あんまり笑えないと言っているコント師の話をしてもダメですよね?

ちゃんと面白いと思っているツボをついて、それを送る必要があるっていうことです!

 

実際に番組で採用されているメールを研究する!

番組で実際に読まれているメールを研究しましょう!

番組で実際に読まれているメールが、その日選ばれるべきメールの「正解」ということになるからです。

 

いつまでも自分勝手なメールを送って不採用が続き、最終的には「この番組には自分の面白さが伝わらない!」と怒ってもダメです。

相手に合わせるメールを書いてください!

 

実際に読まれているメールを文字に起こして、そのメールの長さなどを研究しましょう。

そうすると「あっ、自分の送ってたメールって、番組で読まれているメールよりもかなり長くなっちゃってるなぁ」とか、違いに気づけます。

 

こうやって、「正解のメール」と自分の送っているメールを見比べて、徐々に番組に合うメールを書けるようにしていきましょう!

そうすればいつか必ずメールは読まれます!

そして、苦労した文だけ、あなたの文章力やメール技術も上がっているので、その後も継続してメールが読まれることでしょう!

 

ラジオへのメール投稿 完全解説記事一覧
5

ラジオへのメール投稿において年間400採用を達成した、ただのラジオ好き(現・放送作家)がラジオ投稿のノウハウやコツなどを書いた記事をまとめたページです。ラジオへのメール投稿が初心者の人はもちろん、常連リスナーを目指す中級者の人にも役立つ情報が掲載されています。